S「コミュニティ」

 

 

コミュニティはやればやるほどわからなくなりますね。
長く続くと大きな組織の中で小さな組織ができ、派閥みたいなものができる。
社会の構図ってどこまでいってもこうなるようになってるとつくづく思います。

私自信割と一人で良いタイプなので派閥とかあっても
どことでも仲良くもあり、どことも中立みたいな事が多いです。
それは回胴連だからって話でもなく、学生時代なんかもそんな気がします。
人の意見に左右されることがあまりないので。ただの寂しいやつみたいですが(笑)

その小さな派閥同士でいざこざになるケースって
ほんとしょうもない一言からだったりすると思います。
自分と価値観違いすぎてなんで騒がしくなってるんだ?って思うことが多々あります。
SNSも目を塞ぎたいようなのも勝手に出てくるんですよね。
仕組み上、負の連鎖になりやすい。
ポジティブマインドの少なさが半端ない(笑)
ネタになればなんでもいいや理論も多い。
だいぶ疲れますよね?
なのに見てしまう不思議(笑)

回胴連はブログで始まったので
ブログでそのまま突っ走りたいのはやまやまなんですが
件のアメブロが逆方向に行っている気もするんですよね。
あまりにも重い。
最初に見たい記事を見ようとする時点で
グルグルが半端なくて諦める人も多い気がします。

さてどうしましょうかねえ・・・。

 

 

 

S「出目」

 

 

アクロス系で1つの出目への探求新みたいなものが芽生え始め
ディスクアップである程度のスロ市民権を得たような気がしますね。
ディスクの場合スベりコマ数とフラグが多数あるのでかなり入り方は多彩です。

少し前までサンダーやらアレックスとか話してもピクリともされない部分もありましたが
それもなくなり出目がTwitterなどに上がる日がないくらいですね。

ただ同じ台多い(笑)
私飽き性だったりするので様々な台を見てみたい。初打ちが一番面白いのはそこですよね。

打ったことがないと演出の信頼度がわからないので、全てが熱い。
色でわかるものは素直に赤なら熱い程度わかれば十分。
メーカー柄があったり虹がある場合はその限りではないてすが、今はちょっとやりすぎな気はします。
熱さがわからないレベルになると残念すぎます。

結局スロは出目というかリールありきで勝負してほしいですね。

 

 

 

S「中の人のシミュレーション」

 

 

ホールの中の人と飲む事もたまにあります。
そんな際に選手のブログを全てチェックしている方もいます。
その場合どんな感じでシミュレーションするか?

まずはブログをひたすら舐め回すように読むようです(笑)
どこかわかりますね多分。

この選手はこの機種とあの機種とその機種を見るから
そこをどう扱うか?
設定を4にしとけば粘ってくれる。
調子よければ6
悪ければ2
そんな風に解釈するだろうと。
そこからおそらくあの機種に移動するのではないか?
その場合こっちを6にしてみるか。
等々

実際設定は本当にわからないもので
その日の動きでうねりが生じます。

確実に設定6を何本っていう公約でもない限り
その日の立ち回りは生ものなんですよね。
だから公約系に群がるのもわからないではないですが
わかってる状態で闘っても面白みがないと思う人は少数派なんでしょうね。

きっちり各機種6ありって店も少なくなってきたというのもありますよね。
稼動がない機種に設定6がないかというと
そういうわけでもなく、単純に人気がないものもあったり
割が低すぎて触られないケースもあったり
マチマチなんですよね。

なんにせよ、実際の中身は
中の人にしかわからないということです。
そう考えるとわかりやすい6号機は
今後触る機会は増えてもおかしくないかもですね。

 

 

S「完走」

 

 

リゼロの登場で少し風向きが変わった気がしますね。
6号機の風向きが。
完走して喜んでいる方がかなり多い。
これは吉報ではないでしょうか。

6号機も良い面がかなりあると思います。
コイン持ちが良く、短時間稼働もOK。
設定もわかりやすいものが多い。
天井もしっかり搭載。
安定感も抜群。
G数管理もOK。

ネガティブ要素はもちろんありますが
蓋に目をつぶればかなりポジティブポイントが多い気がします。
何より設定6の潰れなさは目を見張るものがあるかなと。
5号機ではありえない位潰れません。
逆に言うと潰れない機種程設定6はわかりやすいものになります。
ですので、店が使いづらいケースが多い。

アピールするには良いのですが
通常営業でほとんど動かないのは頂けない。
その点リゼロは設定1でもかなりの高稼働をキープしているようですね。

そんな私はまだホールで1Gもリゼロを打ててません(笑)
それ位人気機種筆頭となりましたね。
いつかの星矢のように。

完走と言えば、星矢SPの完走も初めてしましたが
その速さと気持ち良さはここ最近なかったものがありました。
知ってしまうとなかなか戻れないレベルで(笑)
設定6より設定1でGB突破したいと思う矛盾。
だからパチスロ面白いんでしょうね。

 

 

S「設定付パチンコ」

 

 

徐々に設定付パチンコの数が増えてきています。
エヴァもガロも北斗も
軒並み設定が付いているのがリリースされています。

5大タイトルと言われていたのが
ガロ
北斗
慶次
エヴァ
ルパン

この辺の設定付が本気で作り出されたら
店も本気で使用するのではないのかなと思います。
メインで10台クラスの導入とか
最初のヴァルブレイヴ位しか見てないですしね。

地元ではバラに1台とかでも高設定確定も見ていますし
設定6で3万発とかも結構見ています。
この辺を見てもスロ専の人達は意外と動かない。
どう見ても安定感は甘の設定6なんですが
いまだに星矢SPとかを狙う。

んー時間効率率とかで回せない部分はあるけど
持ち駒は大いにこしたことはないと思うんです。

スロであぶれて
パチに行くってのも全然ないんですよね。
たまには違うのもいいと思うんですけど
やっぱりスロ畑から出てこない。

一言で言うともったいない。
私もスロの方が好きですが(笑)
パチの何がアレって、長時間打てる気がしない。
というのもリーチ演出が長すぎて
耐えられなくなっちゃうんですよねえ・・・。

300回転かそこらハマると
1時間何も起こっていないっていうアレ(笑)
甘デジでもコレくらい普通に起こりますからねえ。
まぁまぁ辛い。

ただ目に見えて勝てる台ってわかるのもあり
設定推測もスロにかなり寄ってきてますね。
朝一の変更判別も各メーカー色々あります。
この辺も覚えること最近多すぎて(笑)

まぁ御一考あれ

 

 

 

S「流行り機種」

 

 

SNS、主にツイッターを見ていると
その時その時で流行っている機種ありますよね。

少し前ならディスクアップ
なうでリゼロ

こぞってリゼロの写真やらが
バーって並ぶと私冷めるんですよね。
天邪鬼なんで(笑)
ただの中二病です(笑)

リゼロなんて萌え星矢で好きに決まってるし
本当は打ちたいんだけど
うわーってみんなが群がってるところに
私みたいなおっさんが突っ込んでいけない(笑)
行く気もしない。

地元にはあまりリゼロ入ってないんですが
試合では入ってるところも結構ありますよね。
これが抽選一桁で埋まる世界なら
抽選ダメダメ人間の私に人権なし(汗)

ディスクは増台が増台を重ね
いつでも割とフラットに打てる環境が整ってきた気がしますね。

なのでディスク打ちます!ってなるわけでもなく
他の設定入る台を打つ方が楽しいんですよね個人的に。

そもそも設定気にしないで打つのが
やっぱり違うと思ってしまう。
設定ありきで「どうなんだろう?」って思いながら打つのが楽しい。

設定を諦めないでほしいなぁと
個人的には思います。

 

 

S「自分さえ良ければ理論」

 

 

こないだ電車で座ってたら
雪の日だったので
傘を皆さん持ってるんですわ

目の前に来た女性が
傘を手にかけているのですが
もろ私の足に傘の先が当たっている。
当たって私の服は濡れているんですよ。
なのに、そのまま

手で触りたくないので
傘で傘をどけました。
めっちゃ濡れてるしね。

そしたらですよ?
ちって舌打ちして消えました。

私が悪いところあります?
人に傘の先当てたままで
どかない人間って
なんなんですね?
私がガンジーのように
仏の顔で我慢しなくては
いけないんでしょうか…

普通に声かけろって
思うかもしれませんが
ヘッドホンしてますし
まあ聞く耳持たないでしょう。
それは偏見かもしれませんが…

割と日常的にいますけど…
逆の立場だったら
めっちゃキレるんですよね
こういう人…

「自分さえ良ければ理論」
これが横行しすぎて
外に出ると、人の悪い部分が
目につきすぎて
めちゃくちゃ
ストレス溜まるんですよね…

傘で言うと
後ろに傘の先を
振りながら歩くやつ

基本周りの事を
考えられない人間だと思います。
思い当たる方いたら
直してください

人に優しくしないで
人に優しくされようなんて
思うな本当に

与えないで
与えられるって
基本ないから

Twitterでも日常的に悪ふざけで
とんでもない投稿ありますけど
いつからこうなったのか?

起源なんてなく
ネット社会の功罪なんでしょうね。
苦労もなく移動もなく
なんでも手に入る時代
便利すぎる世の中って
完全に人をダメにすると思うんです。

試しにですね
今年ヒートテックを
一度も着なかったんですよ(笑)
寒い寒い(笑)
寒さが苦手な私が
もってしまったんですよね。

昔の人って暖房すらない中
普通に生きてきたんですよね。
人間らしく
多分今の世の中
まあまあ狂ってきてるので
人も狂っちゃいますよね。

だって誰とも会わなくても
生きていけちゃう。
楽かもしれないけど
人間性なんて失われる。

キツイ事があれば逃げればいい
それで本当にキツイ事があった時
どうなるか?
恐ろしいですわ…。

 

 

 

S「ボナ判」

 

 

かなりAタイプが出るようになって

チャンリプ系の台も増えた。

ボーナスの種類が多いと割に影響する部分が大きい。

この判別に楽しみを見いだせるかでその機種の価値がかなり変わると思う。

まどAなんかはその代表ではないだろうか。

 

 

個人的好みなので何が好きなんだろうかと考えると

ボナ判してる最中がけっこうなウエイトを占めてる事に気づいた。

メディアに出てる判別方法を使うのも良し

自分で気持ちいいと思うやり方でいくのも良し

まどAはチャンリプ引いたら

左黄色7から狙うのが好みなんですよ。

私実用性と気持ち良さを兼ね備えたリール制御が好みなんですよね。

小役はこぼそうがまれ

そう考えると青7ズル滑りの気持ち良さに

まず入ってるか判別で黄色7をテンパらせて

ベル外れて揃え!って思いながらビックを狙っていく

微チャンス感

もちろん入ってる前提ならハサミでビッグもバケも同時に狙いますが

いちいちリプレイの時も7がテンパるのが面倒で。

微妙な時は入っていない事を即確認できるのも重要ですからね。

その後赤7周りを狙ってけばOKという感じです。

他人のを見てると違う事も多いですが

自分が気持ち良いのが一番ですね。

 

 

S「誰かの意見」

 

 

去年メインで打った機種を考えると

星矢、まどか、まど2

お馴染みである。

その年に出た機種が並んでこない。

ある程度勝てる環境を考えると

その時に打てる状況ではなかったのがわかる。

もしくは自分に刺さらないと一切触れない事もある。

 

例えば鏡

全く刺さらず。

例えばディスク

ほとんど同じ人が抑えてて打てない。

アレックス

ある程度打てるけど設定投入が微妙、かつ⑥でも負けることもあった。

 

こんな形で自分のいいなと思ったものが

長く打てる状況にないことは多々今までもあった。

だから古い台がメインになる。

古くても良いものは良い。

良いものは色褪せない。

特に液晶のないノーマルについては

正直全く時代は関係ない。

ただ時の流れは考えを変えることがある。

 

5号機の花火が初めて出た時を思い出してほしい。

ここら成立プレイでこんな目出るん!?

リプ重複!?

正直ゲーム性は4号機を越えてると思った。

4号機の花火は打ってたけど

個人的には思い入れはない。

5号機のは本当に良くできてると感じた。

リリースされて今

飽きた…のか、出ない…事が多いからか

全く打ちたいと思わなくなった。

それでもたまに⑥だからとかで打つと刺さる場面もある。

ずっと打っていたいと感じるかは微妙だが。

 

今液晶機は多く出ている。

液晶の進化は果てしない。

それでゲーム性にマッチして

触りたい!と思える台がどれだけあるか?

新しいハーデスが出た。

5.9号機故に出玉に蓋はされてる。

もう規則上しょうがないのだから

何を言っても仕方がない。

良い面を見ていかないで文句ばかり目がつくのは見ていてツライ。

ただハーデス2がGODの良いところを消しているのは間違いない。

それでも皆がポジティブに良い面を見てくれる事を願うばかりだが

1つの機種が持てはやされるとそこに群がる状況が目立つ。

皆と違う事をやったりするのが怖いのだろうか?

「自分」の選択ではない「誰か」の選択に見える。

特別気にする必要ないのだ。

好きなものは好き。

良いものは良い。

ダメなものはダメ。

あの人が良いと言ってるから良いもありだけど

「自分」の意見は持ってほしい。

 

 

S「遊技者の意識」

 

 

パチスロとパチンコは驚くほど遊技者の意識が違うと思う。

パチスロは上打ってなんぼ。

パチンコは割と20位回れば

とりあえず遊べるというような意識になりやすいと思う。

20位がボーダーかというとそうでもないものも多いのにだ。

ボーダーが機械割100%と考えると

パチスロでは下回る低設定と思われる場合すぐやめる方がほとんどだろう。

パチンコはそうでもない。

これが凄いところだ。

 

 

遊ぶという意識で行くとパチンコは1回当たるまでみたいな遊び方もする。

割と時間消費が長いので

1回当たれば満足感が得られる事が多いからだ。

そういう風にできている。

リーチが長くなったのも

意識的に変えている。

当り外れの判定はガチだが

座って1回転目は熱いリーチが出やすいようになっていたりする。

保留0も熱めのものがかかりやすい機種も多い。

遊技者の気持ちを高揚させる効果はあるだろう。

強めの演出が外れたら更に突っ込むか

萎えてやめる方もいるとは思う。

だが、心は揺さぶられる。

パチスロはフラグに基づいた演出が基本の為

そういう演出を起こすと矛盾が生じる。

だから心揺さぶられるよりは

投資金額で続けるか否かが決まる事が多いと思う。

それでも今の機種は長く遊ばせる…

悪く言うと、打たせるようにした演出が多いと思う。

絶妙にコインがなくなりかけるところで何かが起こる。

それは基本計算しつくされている。

 

 

人間の欲は果てしない。

小さな演出の動きでも万が一当たったらと思うとなかなかやめられない。

全て理解した上で当たっても別に捨てていいやって思えるかは

トータルを考慮できるかによる。

やめようとした際の当たる確率はほぼないとしっかり認識していたらやめれるのに

演出をよく知らず曖昧だと更に追加投資して

無限地獄に陥るはめになる…事もある。

だから知らないより知っている方が当然トータルで勝ちやすい。

ただ勝つ事が全てというのが全ての人に当てはまるわけではない。

遊技なのだから多少の投資で楽しめれば

他のレジャーとなんら代わりがない。

むしろ増える事もあるから面白い。

そこがなければ家でアプリをやっていてもいいが

ホールの中の高揚は全くの別物だ。

好きなアーティストのCDを聴くのと

ライブでは迫力が違うのと同じ事。

ホールの中の空間では判断力が鈍る事もあるだろう。

それはそれで身を委ねてもいいと思う。

問題ない範囲で。

限られた時間と限られた機種の中で

最大限に楽しめれば幸いだ。

 

 

S「共感」

 

 

毎日毎日ブログを書いてると

共感してもらえることがある。

急にメーカーの方やホールの方から会いたいって言われることもある。

 

皆悩んで悩んで良い方向に行くにはどうしたらいいかを考えている。

適当に作ってるわけではないのだけど

それがユーザーに届くことは基本的にない。

規則に基づいた機種でないと全てがパァになる場面もすくなくないだろう。

簡単に解決できない問題が山ほどある。

前提条件が厳しすぎて、匙を投げたい事もあるだろう。

 

わかってるユーザーも最近は多いと思う。

昔と違って明らかにスペックの多様化がなくなった。

それを受け入れるか入れないかだけだ。

受け入れたら最大限楽しみ

あまりやらないものもやってみて

色々試してみると見えないものも見えてくる事がある。

触らなければ何も変わらない。

打って感じて楽しんで怒って

感じたものを世に放つ。

このサイクルが密になればなるほど

世界が広がるのだがそうはなってはいない。

これ自体も仕方ないと割り切って

前に進むしかない。

時代の流れは確実にあり確実に動いている。

あまりにも違う世界になっても

パチスロであれば私は大丈夫だと思っている。

今までも、これからも

 

 

S「下で甘い」

 

 

いよいよ機種選択の幅がスロットで言えば少なくなってきた。

バラエティの豊かなホールであれば問題ないが

メイン機種が勢ぞろいなホールだとそうもいかない。

割と苦手な機種が多く

触手が動かない機種も数多い。

その中で見出すのであればホール自体を変えるという選択もある。

パチンコなども今は設定が付き

甘デジなので当たりはとりあえず軽く

楽しめる機種も多々ある。

選手の中ではあまり話しは聞かないが

個人的にはアリ。

一般的にはちょいパチ同様あまり受け入れられていない気がする。

何故だ?

 

 

基本下を意識するのかもしれない。

ディスクアップのヒットで確信する。

下が甘い機種がウケる。

この流れは昔のクランキーコンドルにもあったが

明らかに設定が入ってない前提での物言いだ。

勿体無い。

やっぱり下はボーナスが重いから楽しめない事が多い。

設定を意識すれば見える景色が変わると思うのだが

思ってるよりもそういう形にはならない。

低貸しに行く方も設定は意識しないのではないかと感じた。

やはり設定は十二分に意識して上を目指したいところだ。

 

 

S「モラル」

 

 

久々に電車に乗ると非常に疲れる。

入ってくるほとんど全員がスマホに目を向けながら

こちらを気にせず当たってくる。

満員電車で人の背中にスマホを当てても

すみませんの一言もなくそのまま当たり続ける。

当たり続けるのはスロだけにしてほしい。

モラルの欠片もない世の中が正になりつつあると感じる。

白か黒か

多数決で白が黒に変わる事もあるが

皆がやってるから自分もやってもいいというのはどうかと思う。

善悪の概念なんてあってないような時代に突入してるのかな。

 

悲しい・・・。

こういうのが年配の方も年代関係なく起こる。

年配の方は周りを一切見ずに道路を渡ろうとする。

これどうにかならないかと車乗りながら思う。

こちらが止まらないと単純に当たる。

事故を避けるにはこちらが止まらないといけない。

完全にやったもん勝ちの世界どうにからないか?

これがホールの中であればホールにルールがあるが

そうではない広い世界ではどうにもならない部分もある。

住みやすい世の中になってほしい。

 

 

S「アレ打った?」

 

 

パチスロをずっと打ってる以上

新しいパチスロに目が向くのは自然だと思う。

いつも同じものを打ってたら流石に飽きてしまう。

そこで新台に目を向けるのだが

そうはならないのがユーザーの今な気がする。

 

流石に絆は飽きたべ?

とは言っても強い日はまだまだ絆から埋まる。

何がそうさせるのかは個人的には理解できない。

かくいう私は初代まどかを結構試合で打つことが多い。

飽きさせないバランスは持ってると思うが

正直違う台も打ちたいと思ってる。

様々な要因がそうさせない。

 

今まであった天井を保険にとりあえず新台を打ってみるというのは無理だ。

HEY!鏡がリリースされ、それも可能になったが

今の規制上、出玉性能を落とすという仕様だ。

それでも雰囲気などがわかるのは大きい。

今新台は見向きもされずにすくに空き台になるので

意外と打てる(物理的に)ことに気づいてしまった。

基本ボーナスしか設定差がないので

上はあると思われるのを打つだけでも

何も考えずに突っ込むよりマシだろう。

打てる機種が多いと

朝から強い日に打とうというときの選択の幅が広がる。

狭いと正直詰むのだ。

「打たない」という選択肢を簡単に取るハメになる。

だからと言って自分の中で「ない」という判断をした機種は打てない。

これが少なければ少ないほど勝ちやすくなる

皆それぞれ少数の機種の事で頭がいっぱいになるが

打ってみたら新台もすぐに理解できるように何かの機種のトレースも多い。

一言「あの機種のアレみたい」で説明は付く。

それがメーカー毎に特徴もわざと付けてくれている。

その辺のベースを理解すれば新台だろうが問題なく打てるだろう。

「あの機種打った?」

ここから会話が繋がる事を期待している。

 

 

S「日本語」

 

 

「了解しました」

この1つを取ってみても

誰に発するのか?
誰が発するのか?

それだけで変わってくるのが面白い。

「了解です」という現在進行形なのか。

「了解しました!」という勢いを感じさせるのか。

「了解しました♪」というふんわりとした雰囲気を出すのか。

「かしこまりました」という丁寧な言葉にするのか。

ま、スタッフの一言なんですけど(笑)

もうサムネ見なくても誰の言葉か分かるくらい

人の性格は言葉に出るものです。

 

 

絵文字が入らないだけで冷たく感じたり

その時の気分で絵文字なんて使えないという時もあるだろうし

感情もその際に込められる部分があるから

言葉って本当に大事。

これがどんな精神状態でもある程度相手を汲んで

発する事ができるようになると

大人という事になるのだろう。

 

 

SNSではその点は自由極まりないので

不快に感じる事もあれば

この言葉遣いカッコいい!と思うこともあったり

性格なのか、キャラなのかわからないけど

それだけで好感持てたり、不快感しかなくなったり

イメージは勝手にできてしまいますね。

ツイッターなどでこれは「いいね」したいけど

したらどう思われるか?なんて考えてる時点で

何か制御されているんだなあと思う今日この頃です。

 

 

S「予想屋?晒し屋?」

 

 

最近試合の情報がツイッターなんかで予想されている事がまぁまぁある。

大体「お題機種を狙って取れなければもう・・・」みたいな書かれ方が多い。

実際はお題機種が取れなかったら迷子な感じだと成立しないと私は思っている。

お題機種取るには抽選で一桁が必要な場合がほとんどと考えると

それ以外がダメな店なんて魅力があるだろうか?

店舗側から見てもひどい言われようだと思う。

予想屋さんから「いいね」とかされる事も増え

予想屋さん次第で並び人数が増える事も増えた。

これは店舗さんにとっては喜ばしい事であると同時に

結構適当な言われ方をされているとも感じる。

それを信じる一般ユーザーが多いのも事実だ。

過去に「鉄」という予想の形で通ってる身からすれば「???」なパターンもあった。

それでも需要があるのは事実だ。

取捨選択の場で彼らの意見を聞いていくのも1つの選択だが

通ってる人の過去の記事などを参考にした方が良いと思う場合も多い。

ブログよりもツイッターの方が簡単に情報を取れる部分もあるが

肝心な部分は書かれていない場合も多い。

かなりステマ垢も増え、予想屋に近い人も極端に増えた。

実際に通ってたりデータを見ていたりしていない店舗の話も出てくる。

ほとんどが有名店だし、身にならない話も多い。

その辺をしっかり見極めないと勝つのは困難だとは思う。

結局は場を見る目が必要であると感じる。

店舗の選択が勝敗を分けると言ってもいいパチスロにおいて

その部分は自分で考えるべきだと思う。

 

 

S「手駒」

 

 

パチスロをずっと打ってる以上

新しいパチスロに目が向くのは自然だと思う。

いつも同じものを打ってたら流石に飽きてしまう。

そこで新台に目を向けるのだが

そうはならないのがユーザーの今な気がする。

 

 

流石に絆は飽きたべ?

とは言っても強い日はまだまだ絆から埋まる。

何がそうさせるのかは個人的には理解できない。

かくいう私は初代まどかを結構試合で打つことが多い。

飽きさせないバランスは持ってると思うが

正直違う台も打ちたいと思ってる。

様々な要因がそうさせない。

 

 

今まであった天井を保険にとりあえず新台を打ってみるというのは無理だ。

6号機になればそれは復活するので今だけ無理ってことだ。

だが、新台も見向きもされずにすくに空き台になるので

意外と打てることに気づいてしまった。

基本ボーナスしか設定差がないので

上はあると思われるのを打つだけでも

何も考えずに突っ込むよりマシだろう。

打てる機種が多いと

朝から強い日に打とうという時の選択の幅が広がる。

狭いと正直詰むのだ。

打たないという選択肢を簡単に取るハメになる。

だからと言って自分の中で「ない」と判断機種は打てない。

これが少なければ少ないほど勝ちやすくなるのは間違いない。

新台も上ならしっかり出るというような時代でもないのだが

勝ちに拘るならそれしかないのも事実だ。

 

 

S「設定付きパチンコ」

 

 

ついに設定付きパチンコがリリースされる時期が近づいてきた。

設定6で125%程度あるような台もあり

ボーダーは設定6で10位だそう。

そうなってくると色々書けないような部分もあると思うが

夢は広がる。

設定差があるところは

初当たり確率だ。

これが倍以上①~⑥で違うようだからあからさまだ。

今の5.9号機のボーナス確率みたいな話だと思う。

データ機をパチンコでも見る時代が来る。

 

 

昔は新装初日などであればほぼ勝てるようなレベルの台がほとんどだった。

今はそういう空気感は皆無。

低交換率でも回る方が楽しいと思うのだが

上がったレートは下がらない。

なかなか周りの状況もあり変わらない店も多い。

これからは釘でなくて設定で変化をつける時代。

もうすぐそこまで来ている。

スロットも知識がないと全くわからない仕様も増えてきているので

情報に疎いと置いてきぼりを喰らいそうだ。

 

 

 

S「自分は自分」

 

 

先日のワールドカップ決勝トーナメントをかけた試合

日本代表へのあれこれの意見・批判等

ツイッター等で怒涛の様に流れてましたねえ。

私は試合自体見てなくて(汗)

そんな事でも書こうものなら非国民って呼ばれる雰囲気でしたよね。

自分の時間をどう使っても自由じゃね?って思うのですが

世間はそうではないのかな。

意見を押し付けるのはちょっとどうかと思います。

実際監督や代表選手の頭の中ではどう思ってたのかはわかりませんが

目的に一番堅実な方法を取った感じなんでしょうね。

試合を見てないでタイムラインの雰囲気を見る感じ。

目的をやり遂げるのが主ならなんの問題もなさそうですね。

 

 

じゃあ視点を変えて3日間の出玉バトルに置き換えてみて

1日目、皆マイナス
2日目、皆マイナス

3日目、優勝狙うなら「置き」に行くわなって話?

ハナビで置きに行くって話?

そんな感じかな?

ありっちゃあり(笑)

面白味はないかもだけど

目的が「出玉バトルで勝つこと」なら大幅マイナスにならなければいいわけだからね。

わざわざ星矢打ちに行く必要はない(笑)

 

 

なんにせよこれだけ熱量あるイベントごとはなかなかないので

どうして自分が興味ないのか

そっちの方が興味あります(汗)

 

 

S「新台フィーバー」

 

 

5.9号機のルパンが話題だ。

純増5枚で天井あり、有利区間も関係なし

この謳い文句は強い。

と思ったら←

『HEY!鏡』という6号機第1弾が大都技研から発表され

こちらも純増5枚、天国、天井などのゾーン概念あり

最高出玉率114%オーバーらしいと。

スペックだけであーだこーだ言えるのは楽しい。

110%未満で版権乗っかっただけの有利区間有とかだと

そもそも土台に乗らないのではないかと(汗)

それでもディスクアップ2など個人的に興味あるのも多く

これからの新台はかなり面白い状況になりそうだ。

 

 

その中で店の中はいまだに古いメイン機種が

ドーン!と構えてる店が多く

バラに1.2台しか入らないよな機種に

設定が入る感触が得られない。

これは寂しい事である。

吟味に重ねて台を選ぶわけでもなく

名前だけで台が連なっている。

勝てなければ打つ機会は減り

勝てる状況なら打ちたいと思う事が増える。

新台の状況は良いとは言えない事が自分の周りでは多い。

もったいない!

新台のプレゼンがなさすぎる気がする。

それでは誰も触らんわなあっていう。

そこにブログを使用すればいいもんだが

そういう店も本当に少ない。

試打してるかどうかすらわからない。

ただこれが設置されます!では

ただ新台をとりあえず打つ人が魅力に気づかず触るだけになりそうだ。

これではなかなか難しいような気がする。

ひたすら打ち込まないとわからない部分も結構ある。

1台1台がただ消化されていくような感覚。

これを店側が解消し無い事には未来はない。