アナリストM

アナリストM「今のパチスロが面白いか」

 

 

久しぶりのコラムになります

アナリストMです( ゚Д゚)y─┛~~

「今のパチスロが面白いか」

と言う疑問が非常に多い気がします

パチスロに何を求めているのかによって
感じるところは変わる事は前提とした上で

大別すると

・出玉性能の高低

・コンテンツとのマッチ性

・機械そのものの遊技性

面白い機械と言う部分で言えば
この全ての部分に対して、
ある程度の高い水域を満たしている機械を刺すのでしょう

規制

例えばこの規制は、事機械に対して言えば
射幸性能への規制だとするならば、
実際問題、5.9号機には有利区間規制があります

どんなに強い爆発力を持っていようと
1500Gあるいは3000枚までという首輪が付いた機械

上記大別した内、出玉性能と言う部分で
一撃性では従来の機械と比べれば勝ち様が無いスペックになっています

一日全てのトータルと言う部分ではまた別の話になるかもしれませんが
「限界」と言う物の存在は予想以上に遊技動機を削ぐ事は間違い無い様です

ブラックラグーン3はこの規制を逆手にと言うか
ポジティブに捉えて、制限内での一撃性に特化した仕様となっていますが、

しかしその恩恵を受けれる機会が多いのは当然、高設定域であり
更には最高設定は非常に素直に出る甘い機械であると言う意識が先行し、
低設定域では逆に辛いと言うアンバランスさからか
最も多く使用するであろう低設定帯での稼働が上手く行かず
ユーザーは遠のいて行っているのが現状です

そもそもが限界のある機械の低設定をわざわざ打つかと言えば
ソコは通常稼働では5.5号機含む旧基準に軍配が上がるのは必然で
絆を未だ多く保有しておくことは一つの正解と揶揄されるのもまた事実です

演出であったり、コンテンツであったり

それぞれはハッキリと断言しても良いのですが
過去に比べて遥かに高い水準になっています

コンテンツはアニメコンテンツの多様化
演出内容やゲーム性は細分化され
メーカーの苦心が伝わる様でもあります

自身もそうですが、想い出補正で
「いや、あの台は最高に面白かった!」
と思いがちではありますが、今4号機液晶機を打とうものなら
その映像のチープさに
「え、、、こんなだったっけ?」
と思う人は多いのじゃないかなぁと
(ソレが良いという人もいるでしょうがマイノリティかなと)

さて、

堅苦しく書いてきましたが

冒頭の疑問に自分なりの意見をぶつけるのであれば

「進化すべきところは進化しているけれど、
少なくはないお金を入れる程には、
魅力のある性能では無くなって来ている。」

と言う所感がまずあります

例えば演出なんかは派手と言う言葉で済ませればそれまでですが
筐体を広く使った演出であったり、
液晶の解像度、3D技術の向上には目まぐるしい物があります
そもそもが40万以上する箱なんだからもっとなんかあっていいだろう!
とは思っていましたが←

無論演出に関して言えば
全ては出て来るタイミングや、出目との絡みと言う部分だったり
CZならCZでどういった構成、仕様になっているのかと言う部分もあります

それらが上手く行ってなければ宝の持ち腐れ感は否めない
しかしコレは以前の機械でもそりゃそうだ、な部分ですよね

機械自体の作り込みの差は予算やかけられる時間によりけりで
部材処理機種も無論ある訳ですが、
これもまた、規制うんぬん以前、昔から吐いて捨てる程にある話です
(しかしユーザーにソコまで理解しろってのは酷ですが)

だから、ココでは含む部分として言う訳でなく、
単純に役物演出や映像、スペックやコンテンツの幅は増えているという話

「出来る事の幅は規制から来る、
出玉スピード、性能の遅延、退化によって、進化はしている」
と言う感想が一つ

当然ながら従来のファンを逃がしたくない
機械をもっと売りたいと考えるなら、
求められない部分を追求するより、変化・進化出来る部分を
伸ばして行くはずですから予算を割く部分が変わってくるんでしょうか

この部分だけを比べるのであれば、
過去のパチスロに比べて遥かに面白いかもしれません
※無論何を面白いとするかは個人差はありますが
初心者含む、潜在客を見込んだ部分での比較としてです

特にコンテンツの多様化は非常に大きい
自分が深夜に見ているアニメがパチスロで打てる
それも、ここまで種類豊富に
とは、なかなか思わなかった部分

従来のパチスロファンの為か、
花火やバーサスのリメイク
想定の範囲内ではあるかもしれませんが、現実になると
やはり嬉しい部分は大きい

アクロス機種なんかは、ハッキリと進化では無いでしょうか
僕は初代バーサス世代ですが、当時に触ったとしても
今のバーサスの方が、面白いという感想になったかと思います
タロットエンペラーは別物だし←

少し話を外れますが

こないだふとした時に、
自分が初めてスロットに触れた時の事を思い出しました

友人に連れられて行った先、
初めてパチスロに触れた時の感想は

「秒で1000円無くなる怖い遊び」

と言うイメージでした

まだホールにはAタイプしか無く
しかも見知らぬコンテンツばかり
クランキーってなんだよって話←

初打ちは1000円でビッグを引き、
友人に教えられるまま数十ゲーム回したところでヤメ

流して勝ちはしたものの恐怖の方が強かったですかね

そっから良くもまぁこんだけ好きになれたもんだとは思いますが

まだ10代で、せいぜいバイトで稼いだ金程度しか
ふところに無かった時代
学生でしたから、月の稼ぎなんて良くて4、5万
携帯代ですっ飛ぶ金、遊びに使う金なんかも考えると
大人の遊び感は否めなかった
まぁ事実そうなんですが

しかしですね
旧基準機AT全盛の頃はその頃自分が触った機械より
余程1000円の価値が薄い気がするんです

例えば「ゲーム数管理型」

周期が来ればチャンス役を引いていなくとも
ボーナス抽選が受けられると聞けば聞こえは良いですが、
そのゲーム数を回すまでに一体いくらかかるのか

スペックの向上は比例して投資の増加と言うリスクを伴います

それを承知で打つ層と言うのは、
パチスロで良い思いをした層がほとんどで、
初心者には不向きと言うよりは、
内容を知らずに打つ事はあれど、
実際を伝えたなら打つ事すらほぼ無いのではと言う部分

事実ライトユーザー層なんてのは、壊滅的に減少
前職でも、頭を悩ませた部分でもあります

だからこそ、こぞって初心者にはジャグラーなりと言った
比較的分かりやすく、何処でも当選のチャンスがある
機械を勧める事が多くなってくる訳です

しかしコレもまた違うんですよね
ジャグラーって初心者向けの機械じゃ無いってのが
僕は感想としてあります

ホールに入って、
いくらでも下パネルにアニメキャラが躍っている機械がある中
わざわざ見た目がいぶし銀なジャグラー勧めますかって話で
見た事あるキャラクターの機種は避けて
見た事無いピエロ打たせて
「いやぁパチスロって面白いね!」
となるかってトコです

当時ホールで幾度も
「パチスロを始めたきっかけは何ですか?」
と言うアンケ―トを取った時

友人に誘われてだったり、彼氏に誘われてと言った理由以外で
最も多かったのは

「知っているアニメの台だったから」です

特に若年層からはジャグラーなんて言葉は一つも出て来ませんでした

話を戻します

パチスロのスペックは落ちました

4号機、5号機、5.9号機と
新しい規格になるにつれて射幸性は間違い無く落ちています

今度の6号機には一縷の望みがありそうですが
まだ現物にお目にかかっていないだけに
現状では言葉は控えます

見返りと遊技性とコンテンツ

パチスロを面白いと感じるには複数の要因が絡み合います

現在のパチスロは遊技時間が長くなる傾向ですよね

先日私も触れましたが
現行最強と言われている聖闘士星矢

コレも
「朝から打たなきゃ間に合わない」
なんて事を良く聞きます

実際自分で打ってみた感想としても同じでしょうか

遊技時間は長くなった

じゃあ投資はどうかと言えば
あの機種に至っては天井の1000Gまで回すのに
ほぼ2万程度の投資

1000円あたりのベースが高いからに他ならないんですが
最近の機種では1k/40Gなんてのが当たり前になって来ています

投資スピードは緩やかになっているんです
(この辺賛否ありそうですが

同時に出玉も緩やかになっている
事故要因が遠のいているってのもあります

さて

今例えばパチスロを打った事が無い人が
初めてパチスロに触れてみたとして

面白く無い全然!と言う確率は
僕は昔より低くなっていると思っています

初打ちの時の僕がそうだった様に

試しに遊んでみよう

からスタートした人が
当時の僕の様に、見た事も無いコンテンツに恐怖のまま触れるで無く

コレだけアニメやらゲームやらと言ったコンテンツが
触れやすいA系機種になっている部分からの選択肢の多さ

1000円あたりでの遊技時間の伸び
(とは言っても短いと感じるでしょうが

確かに当時のスロットよりはBIGの枚数も減ったけれど
そんな事は「知らない」訳で、
今のパチスロを「パチスロ」として受け入れる

見た事のあるアニメや
やった事のあるゲームなら尚更楽しいでしょう

当選して劇中のオープニングでも流れれば僥倖

「パチスロ面白いね!」

そう言ってくれる確率は20年近く前より高いと思います
比較する年代がさ!
とは声がありそうですが、それこそ経年の進化っという
「今のパチスロ」って部分じゃないかと
旧基準全盛の頃と比べてもそう感じます
初心者のコンテンツ依存はかなり高いと感じている部分で
多様化はどんどんして行ったら良いんじゃないでしょうか

とは言え、今でもA以外をいきなり初心者に
と言う部分は介添え無くしては難しいとは思いますが
(大概介添えあっても訳分かんないが出て来るけども←

今まで支えて来たコアユーザーはどうか

フラットに考える必要は出て来ると思います

絆やまどか初代が打てる内は良い

しかしソレも期限があります

ゆくゆくは6号機

今は高純増も可能らしい!と持ち切りですが
その分出玉規制は3000枚を切っているという部分

短期出玉の可能性を作ってくれただけ感謝ですが
そういった機械だけになるまでは
動くかと言えば、稼働する場面は凄く限定的になるかと思います

従来のスロットでの楽しかった部分を何処に捉えていたか
それの大部分が出玉だとするならば、一度フラットに見るべきかもしれません

遊技性かなぁと言っている場合でも
ずっと負けが込めば
「もういいかな・・・」
となっても仕方が無い
当然の事だと思います

従来からパチスロに触れて来た人からすれば
パチスロはどこまで行ったって
性能と言う部分に裏打ちされた上での演出の熱さがあります

だからこそ、その根底の部分を一度フラットに出来なければ
「面白い!」
と言うまでには至らないかもしれません
どんなに演出や筐体が進化し、コンテンツが多様化してもです
コアユーザーの場合はソレが邪魔!と言う人も多いくらいで、
「従来のスロットを知っている」と言う部分は
弊害になってしまうのかもしれません

と言った所で

「今のパチスロが面白いか」

と言う問いに対する個人的な回答は

「フラットに今の遊技機としてみるなら面白い」

です

出玉とか夢を見たい!と言う部分に関しては
ドコまでが夢の範疇かにも寄るんじゃないかと思います

過去を求めてもソコは難しい

一度フラットに向き合って

演出やゲーム性

自分に返って来たモノと照らし合わせて

もう一度面白いと思えるか

「過去作との比較」なら常に過去の想い出に軍配だと思います

今のパチスロとして評価するなら、
また違う目線も出て来るんじゃないでしょうか

私は充分、今の機械でも楽しめると思っています

実は言う程ギアスCCがつまらないとも思っていないし

回胴性ミリオンアーサーは出ないけど面白かったのである意味恐怖だし←

ブラクラ3はしっかりブラクラしていると思うし

Aタイプはこれからも出目見たさに打つでしょう

深みが無くなったという声も確かにあって
多くの面では同意もあるのですが
面白い事考えるなーと言う部分も同時にあってですね
僕は単純な生き物だからそう思えるのかもしれませんが

でも加えて言うなら

パチスロだけで今のユーザーを支えるのは無理だろうと確信しています

随分前から繰り返し言っている事ですが
もうとっくに機械の魅力に頼る時代なんてのは終わっていて
どんなホールとして戦っていくかにシフトしているという部分

ちゃぶ台を盛大にひっくり返す様な事を最後に言うとするなら

ユーザー依存で機械に対する楽しみを見つけて下さい
と言う姿勢なら、まずもって稼働なんか上がらないと思います

設定バカ程使うよ!ってのも違うと思います

「面白い店か否か」

機械に付随して、ホールの演出で
ユーザーの稼働をより楽しめるモノにして欲しい

どんな機械だって
どんな店にだって設置される可能性はある

「ウチの番長3だから面白い」にして欲しい

面白いホールが増えて欲しい

面白いホールであって欲しい

機械はどんどんコンテンツの上でも
スペックや演出面でも多様化していきます

ホールも多様化して然るべきで
出遅れは禁物なんじゃないかなぁと思います

line@が今でこそ普及しています

しかしもう次の世代
今学生の子達はline自体から離れて行っているって言ったらどうでしょう

ついこの間まで
メール会員募集!
なんてしていませんでしたか

カード会員増やすのも大事ですが

次のプロモーションの為のプラットフォームを探す事も
至極重要だと思います

後手後手だよねぇこの業界はね

長くなりましたがこの辺で

せばな( ゚Д゚)y─┛~~

 

 

アナリストM「くすぐってほしい気持ちあるよ」

 

 

久しぶりのコラム更新になります

アナリストMです( ゚Д゚)y─┛~~

ずっと書ける時間も無く
やっとこ時間が取れた今なんですが
物凄い熱の諸症状に浮かされながら書いております

ちぬ←

はい

ホールから
「何も出来ない」
という声を聴く事が非常に多くなりました。

いや、実際何も出せず

何も語れずってトコだと思います

私がやってた頃ですら、何も出来ねぇ
と思っていたくらいで
今は更に日を追う毎に出来る事は少なくなっている事と思います。

ただ少し思うのは、

「何も出来ないから」という事に甘えてやしないか

という部分

確かに直接的、間接的にも出来る事の幅というのは非常に
せばまったなという事は分かります

ただ、ソレはユーザーも知っている方が多いってトコで

もう今この時世にですよ

「イベントっていつですか!?」

何て事聞いてくる人の方が小数だと思います。

“まずイベントは出来ない”

という下地を理解している人がほとんどというか

だからこそ
「旧特日」
なんて言葉が右往左往する訳です

ホール側もその印象が強いから
旧特日に被せた施策ってのを考えたりする訳ですが

私も以前おこなっていた

「赤染」

第三日曜日に盛り上げるというヤツなんですが

コレも実は旧特日に被せた物でした

滅茶苦茶アピールしづらかったですよ←

第三日曜て←

「⑤の日」なり

「⑥の日」なり

「①の日」なりですね

数字が付く日の方が実は色々とアピールしやすい

少なくとも私はそうだったかな

第三日曜日よりは難易度低かったかなと

浸透してくれたので結果オーライですがね

それだって結構グレーなトコ踏んだと思います

同業に「大丈夫ですか?」
と不安視されるくらいだったので

自分の中では一応セーフゾーン踏んでいたつもりなんですけどね←

それは良いとして

「グレーな事をせずにクリーンな営業!」

理想とするトコですけど
難易度としては非常に高いですよね

無駄に煽る必要は無いと僕が言うとですね
非常に多くの方々からツッコミを頂きそうですが
何も無いなら煽らなきゃいいんですが

すくなくとも
「くすぐっては欲しい」んですよね

最近良く目にするのは景品アピール

「ジャグラー景品入荷!!!」

だからなんだなんですけど←

私もやった事あるんですよ

まぁ効果無いです

皆無に近い

ポスターの量は増えますけどね

連休だの、特日だのって時に
多くのユーザーの第一目標はソコじゃないんですよね

「あー無駄やろなぁ」とね?

若干稼働が上がった様な
そんな錯覚みたいな数字は出るんですが
継続した部分で見ると
設定使おうがなんだろうがあの景品入荷は無意味ってのが自身の答えです

じゃあ何でしたのと聞かれたら
大人の事情ってヤツです←
深くは聞かないでください←

景品入荷するにもTPOに合わせた機種と
実際内容ってのが必要な訳で

番長3増台して
「番長景品大量入荷!!頂きじゃああ」
でもなんでもですね
そういう機械なら効果はある程度あんじゃねぇかなと
新台アピールなんで特定機種じゃないんです
っていう道をひた走るというか
まぁソレもホール内容によりけりですけど←

これからはAの時代にはなっていくんでしょう

そして言える事はさらに少なくなって行くんでしょう

かと言って、
だからジャグラー景品大量入荷は思考ストップしてると思うんですよね。

少なくともまだ今はAの時代では無く
Aの時代になるのはあくまで想定であってね

更に言えばAの時代になったとて、
出てくるコンテンツの殆どは今のコンテンツの再利用な訳です。

番長のAが出るかもしれない

バジリスクのAが出るかもしれない

まどかマギカのAはもう出る

そういう時に、ARTやらATが集客の中心だったホールでも
コンテンツイメージを付けているホールは強いだろうって事なんですよ
メーカーイメージでも良いんです可能なら
大都が強い
ユニバが強い
番長鉄板!
あそこはバジリスクが強い!
みたいなですね
そういうイメージのトコはAしか無い時代来ても
そこから派生してユーザーは考えますよねって話なんです

番長のA出たらそういう店は動くんでしょうよ
Aしか無い時代ってジャグラーしか無い時代とは全く違うんで
今もクレアなり、A偽なり、アクロスなりですね
ジャグラー以外のAなんて上げたらキリ無いくらいある訳で

今から番長3推して行くのは無駄にならない

ATやART機種イメージの強いコンテンツを
しっかりと推してあげるのは無駄にならないんじゃないか
って事が言いたい

ジャグラーは不変

確かに出るかどうかも分からない機種の事考えるより
ジャグラーという安定、安寧に寄り添うというのは
凄くビジネスライクな考え方なんですけど
上手く行ってないならアドリブ効かさないと
どんだけ投資したって無駄になりゃせんかっていう

ジャグラーが最大の集客要素です!
なんてのはもう、訳が分からないんで

それを実現しているホールはスゴイですよ
私にはソレ道見えないです
やれる事はあるだろうけど、刺さるかどうかは謎です
間違い無く私だったらATやらARTの方が動いてしまうでしょう
ジャグラーそっちのけで

そもそもが難しいんですよジャグラーで集客って
難易度高いとこ無理に歩く必要あんのかなっていう
じっくり時間かけて少しずつ上げて行く方が良くないですかっていう

ジャグの平均機械割が108%とかそんな程度ですよ⑥でね

換金ギャップあるホールで打てば
⑥でもなぁ・・・ってな機械割な訳で

そんなもんハイパーリノ打ちますわってい(ry

そうはならないか←

でもジャグラーの射幸能力というか
出玉での集客力ってそのレベルって事で
多くの一般ユーザーの夜稼働か、
継続して強い傾向があるという想定の下に朝から打ちにくる層、
あるいは、高齢層のユーザーに支えられてる訳です

そういう機械割がどーだこーだとか
数字気にするユーザーはいらないとかですね
そういう事言ってると死にますよ
市場狭まってんのに客選んでるとかもう訳分からないんでね

コアユーザーから如何に営業上げていくか考えないといかんでしょう
じつは盛り上げてくれるのもまた、彼等あるいは彼女等だったりする訳で
ジャグラーの⑥朝から晩までブン回すのってそういう方なんでね

ジャグラーは維持ですよね
長い連綿とした施策の上で積み上げていくというか

ジャグラーディスってんじゃないですよ
ジャグラー高稼働の店は本当に強いんで色々と
でも、集客要素の主に置くもんじゃないよねって話

凄く脱線した感じになったんで戻りますけど←

「何も言えないながらも何かでくすぐらないと」
なんですよね

・ブログ
・メール
・line@
・店内マイク
・POP
・チラシ

何も目新しいツール使う事無いんじゃないかなと

これ等のツールの使い方かなと

多少冒険もせずに
「いやぁ集客したいんですよね」
とかチャンチャラおかしいんです
冒険内容は様々ですよ
計数だったり
告知だったり
要はアピールという事に対する冒険

もう通常からホールを見られる時代ですよ

特日だけ中身あれば良い時代は終わりましたよ

どうやってわかってもらうんですか

掘ってもらいますか

掘るまでの道程は出来ていますか

ソコを掘らせる準備はありますか

ソコを掘らせて分からせた後何をしますか

サイト7で探してください

データランプ見て下さい

コアユーザーは見るでしょう

ライトユーザーは見ないよそんなの

どうやって伝えますか

何も言えない

何も出せない

かといって全然関係無い所からのアプローチは考えない

それじゃあ誰も行かないですよね

いくらでも選べる時代で

手元の小さい板みたいな端末で
丸裸にされる時代なんだから

店に来なきゃ分からない何かはあるか

ソコに行くだけの価値を伝えれているのか

毎日同じ情報しか出さないトコは
ただの怠慢だとしか思えない

line@程度ならライトユーザーでも比較的目にする機会が多いのに

毎日同じ
「明日もお待ちしてます!!」

もうね
イライラするんですよ開くたびに
こんなんちょっと変えるくらいの手間もせんのかと
努力って何?と

「明日は来ないでください!」
って言われた方がナンボか気になるわ←

夕方に「だから来ないでって言ったのに」
つって黒一色の画像が赤くなっていくGIFでも
はったら、察する人は何人かいるでしょう

ホール状況でも見るでしょう

何かを示唆するでも無く

来るなって言っただけですよ

初回こけても二回目は皆そういうお約束だと思う訳で

まぁこんなもん3秒で書きながら考えてる事なんで
見事にコケるでしょうけどね←

line@で縦書きで










ですよ

このコラム流してスクロールかスワイプしてる人だって
ココだけは止まるはず←

やりようはある

何も言えなかろうが

何も出せなかろうが

やりようはあります

アイデア勝負じゃないかなと

いつだってお金使って打ちに行くコッチは
楽しませて欲しいって気持ちですよ

何か商材使うのでもいい

ソコを起点にしてるホールはちゃんとある

1に発想

2に発想

34が無くて

5にセンス←

面白いホールが少ないと思う男のコラムでした

今回はここまで

せばな( ゚Д゚)y─┛~~

 

 

 

 

アナリストM「設定C」

 

 

設定Cはおじさんには辛いんやで・・・

アナリストMです( ゜Д゜)y━┛~~

コラムは自由に書いていいと言われているので←

言わずと知れたサザンアイズに搭載された設定Cですね

私も過去今とは違うブログで
サザンアイズには触れた事があります

ある方のブログ記事でこんな言葉がありました

「CだCだと言っているけれど、実質機械割は多くは設定4程度に収まるからみんなこぞって○○は設定4使ってる!って言ってるのと同じ」

という様な内容だったかと記憶しております

完全攻略で行くと機械割は109.2%
A系で行くと6の数字で見る事もある機械割ですが

しかし100%成功させて打ち切るというのは
余程上手い人でも簡単では無く
さらにゲーム数もとなれば出来るユーザーは限られてくる
だからトータルで見ると中間設定くらいじゃないかという事でしょうかね

攻略入れなければCは機械割98%程ですしね
2より低い訳で

そも、ソコで収支を期待出来る人が狙う訳だからいいじゃん
てな声も聞こえますが・・・

凄い見えやすい設定です

ぶっちゃけ1時間も打てば見切れちゃう訳で

30分でフルウェイトで回してって考えれば
30分くらいでもって話

コレどうなんかなと

もう6使い辛いったらありゃしないと

例えばホールから何らかの示唆が来ました
全アピールの様でした
実際はホールが全6入れましたが、
ユーザーからすると
「ははーん、全Cですな?」と早合点
んで、翌日200Gくらいで初アタリBIG
連すれば良いけど運悪くBIG飲まれ

↑ここで追加投資するんかな?と

初アタリBIGの時点で若干期待値が下がる訳です
6なんかリスクでしかないやんと←

設定Cは6より使いやすいアピール素材なんです
問題なのは設定Cを使う=設定使ってますアピールになっているって事でね

私が設定使わないホールの担当者ならまず買います

レッツ極論シュミレーション↓

5台くらい買う
(※ホール規模にもよるけど

目立つトコ置きます

メッチャ推します

んでC入れます

んで放置です

平時稼動で
全台なべてアベレージ40%~60%程度の成功率
強い日で上手い人が来ても
アベレージは70%~80%ってトコでしょう

上手い人が出玉感作ってくれます

でも島全体だとちょい赤か、
もしくは抜けます

しばらく我慢してる内に
全C放置が浸透します

打ち子含むCプロが現れます

少し放置します

サザンに今まで以上に出玉感が付きます

引き子含む朝の並び増えます
(見た目は

んでCやめます

1入れます

2台くらいC残しても
どうせC以外が動かなくなって
粗利減るんでベタピンです

その分他の見えるヤツの
ごく一部を上げます

Cプロ集団消えます

んでC入れます

放置します

他のベース下げます

抜けます

ウニウニ繰り返しながら、
どっかでリニューアルやって
全体的に設定を使っている様に告知物でアピールします

数台は他機種に本当に入れます

比較的事故りやすい機械を少し増やします

出玉感が出てきます

環境が良い様に見えてきます

まぁこんなに簡単にうまく行く訳無いですよ勿論
極論ですからね

でもこんな感じの事をリアルにやってるホールもある訳で←

自分が利益設定が辛い感じのホールの担当者なら
即買いなんですよね
読んでる方からすると
矛盾してるかもしれないですけど

実際C放置で営業出来ちゃってるってホールも多く聞きます

抜くホールが多く構えた方がメリット出ちゃう機械だよなぁって
Cが話題になってしまった事でね
そんな感覚があります

私はもうおっさんなんで、
そもそもビタ多用の機械に魅力感じなくなりました
メンドクサイんで
アクロスくらいが限度かもしれない
でもソコ楽しめる人からすると、
天使みたいな機械なんですよねサザンて

エッセンスであって欲しいんですよ
こういう機械って

他でハナから使ってるホールが、
更にコレでも使うっていう試合会場だと多くみる光景です

ちょっとした補足っていうのかなぁ

でも大体抜きめのホールで上手く使われちゃってる印象

逆にサザン前面に押し出してくるホールは信用出来なくなるというか
上に書いた様な事考えちゃうんで

機械は面白い機械だと思うんです

意欲的で、コレだけ話題になる訳で

でもどんなに良い物も使う人間によって
濁ったりするよなぁって

サザン見てるといつも思う事でした

原作超好きなのに←

今日はここまで

せばな( ゜Д゜)y━┛~~

アナリストM「コラム」

 

 

コラムは久しぶりになります。

アナリストMです( ゜Д゜)y━┛~~

もう皆さん御存知かとは思いますが、
前職を退職致しまして、現在はバーニングにて一所懸命に
闘い抜いている毎日でございます。

Sさんから顔を合わせる度に
「アナさん、コラム来て無いっす」
「アナさん、やる事やって、時間空いたらコラム書いてください」
「アナさん、週一くらいでコラム上げてください」
「アナさん、ブログと、あとコラム書いてください」
のいずれかを言われている毎日でございます。

Sさん、俺今コラム書いてます←

はい

という事で、

色々なホールさんを覗かせて頂いている毎日ですが。

ぶっちゃけ以前はというか
前職の時は他ホールに興味があまりありませんでした。

意図的に見ていなかったという部分もあります。
なんか思い付いて先にやられていたら腹が立つので←

そんなに見てないのかよって言うとそうでも無く、
逆に自分で面白いなと思ったホールは常に見ていました。

今はそんな立場からも離れまして、
完全に自分が楽しめるか否かという部分でホールを見ています。

さて

結構不思議な感覚でいるというか。

二つの視点で見てしまいます。

ユーザーとしての自分

元同業としての自分

良い意味で言えば、ある種複合的に観察できるんですが、

悪く言うと純粋に見れないんですね。

「全」という言葉を良く耳にします。

全にも色々ある訳で、
全6かもしれないし、
全456かもしれないし、形態は様々です。

同業視点で行くと、
「そうそう出来ますか?」
なんですよ。

割的な話だと出来る。
でもトータルでホール見た時に強すぎる島があると
見切り早く付けられちゃって、
割高いのだけ動いて、低いのがうごかんやんけ!
とかなってですね、次回は容量落とすか・・・とかならんかなって。

実際今行っている試合会場なんかでも、強い所はタコ粘り、
あったとしても見えない所は見切りクッソ早かったりする。

ソレは仕方の無い事だから、
ホールも覚悟はしているのかもしれないけれど、
いずれにしても
「そういう覚悟を持って使ってくれている」って事なんです。

前職も全は幾度もやった事はある。
例えばこの一言を言って、今読んでいる中に
「嘘付け!」って思った人いるかもしれませんが事実です。
全6だってあるし、
全456だってある。
前述した様な覚悟はしていたし、
ヤハリ想定より少し上くらいの割りを食います。

まぁ何が言いたいのかって事なんですが、
「我々が、そうして覚悟しているホールに何が出来るか」
って事かなぁと。

簡単に考えるとお店とお客さんだから
行ってあげてるんだからさぁ
ってなって当たり前。

パチンコ店て、飯屋とか普通の商店と違ってですね
良い所程人に言いたく無い傾向がある訳です。

理由は分かるんです。

ライバル増やしたくないよっていう。

例えば強い店がある。

例えば平日にも入っている店がある。

そういう店は何の為にそれをしているのかって、
一々言わなくても分かる訳で稼動が欲しい訳です。

稼動を得る為には今来てくれている方に向けて、
或いは新規の方に向けて、
「良店である」
という認識をしてもらわないといけない。

更にはそれを最大化する為に
来てくれた人に出来る事なら、
「あの店良いよ」
と言って欲しい。

この辺は前述のユーザー心理とは相反するんです。
もう永遠に下手すりゃ相反するんじゃないか←

でも私は、良いホールだから言わない!
は、して欲しく無い。

平日にもしっかり使う。
強い日はしっかり玉見せる。
この二つをしてればお客さんなんて増えていくでしょうと
非常に簡単に言う人がいるんですが、

超絶難しいからね?
もう断言するけど。

私が試合で行ったホールで
「コレはかなりヤッテるんじゃないか」
というホールが複数ありました。

ほぼ確実に赤くってんだろなと

そういう日を作るか否かってのは
例えば店舗責任者だけの一存じゃなかったりする。

いろーんな人説得して、
期間設けて、
その分何を成すかって事まで出して、
説得してやってるホールが殆どじゃねぇかなと。

まぁ大体その日を作る為の条件が
「平時稼動の底上げ」な訳です。

稼動上がらないなら続けられないし、
無理が出る。

逆を言えば、
「効果的であると認められれば、いつまでだって出来る」訳で。

私は前職にいる時に、
「赤染」という物を演出していました。
かなりの人と言い合いしながらやってました。
最大の目的はその日の稼動向上じゃない。
全ては平時稼動を上げる為です。

強い日

週末

平日

という段階的なプラン。
至ってオーソドックスです。
オーソドックスに見えない様にしようとしてただけで。

「赤染を常態化します。勿論少し容量は下がるけど、
稼動が付いている限りやります。」
と、正直に述べました。

平時稼動は上がったけれど、
自分の中では足りてなかったので失敗です。

歯噛みしたし、
悔しかったし、
キツかったですね。

「発信力」が低いからでしょ。
と言われる事も多々あります。

コレ今のホールは凄く難しいです。
理由は皆さんの知るとおりです。
なんか示唆したくても難しい。
薄利でやりたくったってソレを言う方法なんか無い。

薄利で稼動付いてる方が長持ちするのに・・・
そんな事はホールも分かってます。
でもソコを発信する能力に規制がかかってる訳で。

クチコミってのは凄く強いんです。

たしかに強い日の並びは、有名になればなる程多くなるでしょう。

じゃあその店の平日も強く出来る様にしちゃえば、
常時行ける環境になるやん!という考え方もある訳です。
むしろ平日強くなったら、特日よりも座れるチャンス多いって考え方も出来る。
稼動は平日の方が、ユーザー事情で減りますから。
稼動高なる日はふむふむ頑張ってって見てればいいんです。
自分は強くなった平日行けば良い。

平日行けないなら、特日じゃない週末行けば良い。
稼動厚くなれば、平日でも週末でも、
充分に強いと感じる事の出来る量使う事が出来ます。
無論稼動が上りきった所で腐るホールもあります。
ソコは勝手に死んでいくのでほっとけばいい←
特日に抽選だけ受けに行くのだって良い。
自由です。

試合に参加したホールで
「あぁ、コレは是非とも稼動高くなって欲しい!」
というホール、あります。
覚悟が見える訳です。
それもユーザーにハッキリと見える状況ってのが
どういう事なのかは、見に染みて分かります。
多分担当者は前日に胃が痛くなってんじゃねぇかなと。

優良店て作る物なんです。
それはホールからじゃなく、ユーザーが作ります。
一見ホールが作った様に見える所も、
その本質は違います。
ユーザーが作ったんです。

コレを見てるって事は
恐らくは、何かブログをやっていらっしゃるか、
或いは、SNSを何かやっていらっしゃるか、
そのどちらかに該当する方が多いのでは無いでしょうか。

是非とも自分が良いと思ったホールの、
全部とは言わない、一部でかまわない。
どうしても!言えない!言いたく無い!ってトコは
言わなくたってかまわない。
一部だけでも
「ココ!神やで!」
と発信してみて、経過を観察してみてはいかがでしょうか。

なんとも叩かれそうなコラムを書きましたが、
私は今、ユーザーとして言っています。
ホール関係者では最早ありません。
並びが増えればライバルも増えます。
勝たなきゃ話になりません。
でもホール環境がそうして良くなっていけば、
実は自分が掴めるチャンスの総量は多くなる。
そう思っているからこのコラムを書いています。

一考の程宜しくお願いします。

今回はここまで

せばな( ゜Д゜)y━┛~~

 

 

アナリストM「矜持」

 

 

御無沙汰しております

アナリストMです( ゜Д゜)y━┛~~
御無沙汰しすぎて忘れ去られてやいまいか
そんな心配すら飛び出す今日この頃
皆さんはいかがおすごしでしょうかなんて事より
早速本題に行きましょう

今日は、「機械」について話をさせて頂きたい

うん

直近の強いヤツだとなんですか、
えー
北斗修羅ですか

自店もあえなく抵抗むなしく←
買わざるを得ない状況になりました

グループ店のどうのこうのという話をするのは
ズルい←

まぁこの話は違う機会にするとして

かなりの業界人が今作には期待している様です
「北斗なら・・・あるいは!!」
という期待を持つのも、今に始まった事では無いし
何故そう思うのかも痛いくらいに分かります
今作は出来がよろしい

その上で自論を申し上げますと

正直北斗には大コケして頂きたい

はい、自店も買います
無論コケ無いように全力を尽くすでしょう

内容然り、プロモーション然りです
まぁその頃私がソレをしているかは別として←

安易な気持ちで言っているのでは無く
正直に受けてしまってはいけないんじゃないか
と思っています

まず北斗の特徴を挙げると
・自力偏重機種である
・純増は2.0枚ではあるが、実質的には1.数枚の純増である
(他増加要素がある為こうなる
・通常時は強敵寄り、ART仕様は転生

至極ザックリと説明するならこんな機械

今に始まった事ではありませんが
ここ数年の機械は、
「1G辺りの純増枚数で増やすスロット」
という物を重要な位置に置きすぎている感があります
北斗は確かにコンテンツ的にも、初代スペック的にも
このスペック内容に即しているでしょう
とは言え、というヤツですね

ここで勘違いして頂きたく無いのは、
このスペックがクソだと言っているのではありません
いや、クソだよ!という方もいるかもしれませんが
私は秘宝伝伝説とか純増詐○でも嫌いじゃない←
このスペックに固執しすぎてはいまいか?という事が言いたい

これから先、例えば機械スペックの制限が
より一層厳しくなるであろう事を予想する訳です
いや、流石にもう無いのでは・・・
なんて事は誰が言えるでしょうか
言えないよね?
一昨年前の自分が今の機械見たらどう思うかと考えて下さい
まぁ「へ?まじ?」となるでしょう
でも、マジな訳です

機械スペックの制限は主に、ATやART機に向けて
厳しさの度を増しています
暗に、でも無く
遠まわしに、でも無く
まぁまぁ直球で
「もうそのスペックで暴れないでね?
コレは最後通告だよ♪」
と言っている訳です

例えば、これから先
メーカーが頭を悩ませて新しいART系機種の開発に成功し、
現在の制限スペック内で革新的な物を作成したとして
ソレはまた強いスペックになり得る物なら、
制限を今までよりも遥かに気軽に設定されるだろう
という懸念
コレ皆さんにはありませんか?
こんなコラム読んでるくらいですからね
容易にそれは想像出来るレベルでマニアックな知識を
頭に放り込んでいる方が多いかと思います←
(褒め言葉です

「作りたいならここまで、それ以上は分をわきまえろ」
コレがお上の総意です
結構無茶な通告ですが、一番最悪なのは
「もう、禁止な」
コレです。

さすがに無いでしょうか?
いや、全然あると思います
すでにAT機の未来はほぼ潰えているのですから

「行けるトコまではこのスペックで!」
という方向に動くのは言うまでも無く
需要を基礎としています

何が求められていて
何なら台数を販売出来るのか

メーカーも企業ですから、当然の如くココを考えます
実際に言われた事もあります

私「なんでこのコンテンツでコレやねん」

営業「台数が作れないので・・・」

ホールもそうでしょう
受ける機械を需要があるだけ提供し続ける訳でね
下手すりゃ需要無視するくらいしてしまう所もある訳で

例えば今の打ち手総体のプライオリティがAタイプであれば
ART機というのは必然開発数は減る訳です
何せ受けが悪いなら、ホールに売れない
台数はけなきゃ儲けが少ない
開発費の予算は減って行くしなぁというヤツですか

でもそうじゃない訳でね

純増という物を利用し、派手な上乗せ演出を経て
メダルが増えて行くというこのシステムは絶妙に
我らスロッター達の闘志をくすぐり、
「事故」や、「一撃」という言葉を広め、
ここまでに至りました

「設定が入るならまず絆見てから・・・」
こんな言葉がさして珍しくも無く聞かれる時代な訳です
絆が悪いってんじゃないですよ?
絆は良い機械だと思います
実際スロット業界を支えてくれている部分は多くあります
でも絆が担っている部分てのは他の機械でも出来る事ではある
とは思いますが
たまたま先駆者が絆だったというだけの話かなと

思い返してみれば簡単な話なんです
この業界は非常に単純な流れを繰り返しています

1:新しいシステムなり、枚数増加要素が出る

2:それがたまたま受ける

3:こぞって他メーカーが同系スペックを発表する

4:ホールに同系スペックが溢れ、何処かのメーカーが
突出しようと、更に尖ったモノを出す

5:それがたまたま受ける

6:3と同様の事が起こり、その尖ったスペックが当然になる

7:更に更に!となって行く勢いが止まらず、お上が
「アカンで」をしてくる

この繰り返しです

4号機大量獲得機種然り
高純増AT機然り

この流れの中での割り振りの数字を用いると
既に上の4の時点で打ち手に選択肢は無いと言っていい
溢れた頃にはそのスペックを
「打たされている」事になるでしょう
飽き飽きしてくるからこそ、更に尖ったモノを
「変化」として受け入れ、需要が高まり、
以降を繰り返す
でもそれは変化では無く、突出しただけに過ぎず
更に勢いを加速させ

そのスペックを殺します

今の市場はどうでしょうか

出るスペックの全てが今の査定基準を通過している訳ですから
本質的な意味で言えばどのスペックも「新基準機」です
しかしユーザーイメージとすると
「新基準機」と言われると、純増枚数の下がった
ART機というイメージが固着しています
その上で話をするなら、過去のART機は
A系の追随など許さぬ程の地盤を築いていました
しかし、天の一声により、その栄華を誇った力は奪われ、
A系機種でも出玉性能で戦える所にまで降りてきました

打ち手は考えます
弾丸と得られるモノを比して、
A系機種で立ち回るのと、ART機で立ち回るのは
果たしてどれ程の差があろうか?・・・と

それまで見向きもしなかった人もいるでしょう
然し、短時間稼動で見ても、そう変わらぬ所まで
来ているとしたら?
今、ART系以外の機械は非常に勢力を伸ばしています
「立ち回りの選択肢に入り始めたから」です

選ぶ

コレは打つなら誰もが行っている事です
しかし同系スペックの中でのみコレをしている方も
今までは多くいたのは事実です

そうでは無く、スペックの多様性を最大限活用した
立ち回り、総合的に「ホールでどう闘うか」
を多くの打ち手が考え始めているのが今の業界じゃないかな?
と私は思う訳です

スペックの多様性

コレは非常に危険なバランスで保たれています
地雷原の只中を想像して見て下さい
そんな場所で色々なメーカーが延々歩き続けている
目に見えて危なそうなこんもり地面が盛り上がったトコは避けて、
「ココなら踏んでも大丈夫かな?」で歩いている

そんな中で全力疾走したらどうなるかなんてのは
自明の理ってヤツです

いや、仮に全力疾走しても無事だったとしましょう
しかし皆慎重に歩く事に疲れ、
「え?なんだよ!結構大丈夫やんけ!」
と言ってそれに追随してダッシュし始めたらどうでしょう

文章にして客観的に見るとありえないくらいアホやな
と思えてくるかもしれませんが

コレが今まで続いたモノの私なりの例えです

北斗が受ける、
いやこの際前言はともかくとしてウケたっていい
要は、新台開発のスペックバランスを保って欲しいって事です
追随も多少はあるでしょう
でも一辺倒にはならないで欲しい
Yタイプはまぁコケたのかもしれません
でもソレで良かったのかもなと思う自分もいます

今の環境っていうのは、本当の意味で選択を迫られる
ホール状況になっていると思います

旧基準機か新基準機か
エナ稼動なのか、設定狙いなのか
ART系なのかA系なのか
A+ARTやYタイプなのか

スロットの醍醐味ってのは、
自分で選んで、掴み取るってトコだと思います

与えられるものでも無く
作戦を練って、ホールを打ち倒しに行く

打つ側の手持ちのカードは多い方が良い
そして、その戦場もまた、
多様なスペックを遜色無く扱っていれば尚更良い

多少の推し機種はあるだろう
直近の新台だってあるだろう
でもその他でも闘える環境であって欲しい

今は色々な意味で過渡期にあります
様々な打ち手が、今まで見向きもしなかったスペックを
もう一度評価しようとしている時期でもある

流行のきっかけを作るのはユーザーです
でも、
流行を惰性に引き伸ばすのは供給側のする事
こすってこすってこすりつづけて
目立たなくなってきたら
えぇい!派手な事さしたれ!
しかし気付けば消えている
まるで一発屋芸人の様ですが
そういう流れが出来ない事を祈るのみというかね

今回の北斗の「本当の製造台数の噂」もなんとなく耳にしています

うん

北斗も受けて、他スペックでも良い物が出て、
他メーカーは追従よりも特色を出した何かが出て・・・
そうなって欲しいと思う反面
コレが「理想」になってしまうくらい
今までの歴史が否定しているなぁと思う自分がいます
今度はこの予想が裏切られて欲しいですがね

長く喋ってしまいましたが今回はここまで

自分で使う事になったら
そうだねぇ
こうやって言う分
逆に滅茶苦茶必死こいてコケない様にするんでしょうね
ソコは自分への挑戦というか
自分で自分に
「アナMざまぁm9(^ω^)」
ってしたいというか
まず否定から入っていく台の方が
上手く使えている気がします

俺んトコは、コレはコレ
でもコッチだってこうや!

って感じでやるんだと思います
定番踏むのは、定番外でのサプライズの為って考えてますかね
そうじゃないとつまらないので
えぇ、打ち手だけじゃなく、私がつまらない

北斗がコケたって
面白くする自信があります
スロット業界はそんなに弱いもんじゃない
私達が日々の営業で磨いている面白さは
そんなもんじゃあ折られない

「どうなったって面白くしてやる」
コレが私の矜持です

ってまた喋り出してんな( ゚д゚)

終わりそうにないので無理やり〆ちゃいましょう

せばな( ゜Д゜)y━┛~~

 

 

アナリストM「たまにはホールってどうあるべきとか言ってみる」」

 

 

結局大きくコラムの更新をお休みしていました

アナリストMです( ゜Д゜)y━┛~~

Sさんには○○される覚悟は出来ています←

さて、
まぁこの場では自分のホールはさておきとした上で
ここから先私が思う、ホールはどうあるべきなんやというのを
ツラツラと書いて行こうかなと

なんといいますか
色々なホールを見ていて思うのは
「アミューズメント施設である」
という認識をしているのかしていないのか
という点が散見されます

パチンコ屋ってのはアミューズメント施設なんですよ
楽しませてナンボの世界なんです

悔しがらせてナンボの世界じゃないんだよと

礼節をわきまえた接客であるとか
とにかくクリーンなイメージを!であるとか

そういう事では無いというか

全てが「オモロイやんけ!」に繋がっているべきなんだというのが持論

これから先機械というのは非常に多くの制約を受けるでしょう
その中でも多様化しては行くとは思いますが
現状打開策は見えていないというのが真実でしょう

メーカーから見せられる機械にもかなり悩みが見える物もあります
ホールは今まで機械に頼りすぎていたのは皆さんの知る所
楽しい=機械
いや、当り前なんですよ
そもそも皆さん打ちに来ている訳だから
だからこそ、それ以外の部分という物をおろそかにしすぎたというのは
仕方が無い部分もあるかもしれない

こんな話する事あるかなぁ
あのー
機械を思い出す時
あの頃のあの機械
何でも良いんですよ
好きだった機械

それを思い出す時とか、その話をする時とか
結構楽しいでしょう
私もそりゃあります
バーサスだったり、ディスクアップだったり

じゃあ今から「言われて見ればそうやなぁ」という事言いますね?

その機械を思い出す時、ワンセットでホールも思い出しませんか?

あの頃の、「あのホールの、」あの機械

自然とこういう形になりませんか?
案外記憶に焼き付いている部分ていうのは、機械のスペックとかだけじゃなくて
その時、その場所の総体で頭に焼き付いていると思うんですよ
その時のスタッフとの話とかまで思い出したりなんかして
常連さんとの掛け合いとかね?
私は少なくともそうなんです
で、私と話した人なんかもそうなんですね
ホールがどうであったかっていうのは、結構重要な部分な訳です

「面白いホール」って実は機械が充実しているだけのホールじゃないというか

これから先一番重要視して行く部分ていうのは
私は機械スペックじゃないと思っています
限界は定められた
その中でメーカーは頑張るでしょう
それはいい、むしろそれは当然

+アルファがあるホールか、無いホールか
ソコでこれから先は決まって行くと思ってます

機械もある
内容も頑張る
コレは当たり前

もし仮にこのどっちかすら欠けているなら
お話しにならないというか

当然は踏まえた上で、何か他にも行きたくなる様な何かがある

あー

丁寧に話しすぎて疲れた←
要は普通のホールは死ぬやでって話←

丁寧な接客ぅ?
笑顔がとんでもないところは逆に抵抗感あります←
クリーンないめぇじぃ!?
すいませんちょっとキモいす←

なんそれ

なーんも面白くない

なーーーーんも記憶に残らない

リクエストォ?
欲しいのに全然来ないんですよとか相談受ける←
そりゃそうでしょ
買わないからじゃん(^ω^)セヤロガ

「一人しか言ってないし、買ってもどんだけ動くか・・・」
とかビビってるからじゃん(^ω^)セヤロガ

いや、分かる
分かります
怖いもんです
高ければね?

言えばいいじゃん
高いから買えないって言えばいいじゃん

動かなかったら動かなかった、
反省して次に活かせばいい

ホールが自己満足で完結して
コレやったら多分面白いって言ってくれるんじゃないかなぁ?
っていう、何の根拠も無い多分を積み重ねる時代は終わっていくよねって話

単純な話なんですよ

打ち手の面白い
この答えは打ち手が持ってます
じゃあ打ち手に聞いちゃえってヤツ
で、やっちゃえっていう

単純だけど、確かにホールと打ち手の間での
認知の差異とか、ハードルは結構色々とあって凄い難しい事ではある

でも、きっと面白いホールになる

自分の言った事や、やった事が、何処かで実現していくって
嬉しくないですか?楽しくないですかね?

私はそんな場所が欲しいし
そんなホールで打ちたい

そんなホールあったら、もう機械とかじゃねぇよなって

そのホールに行きたいから行くよなって思うんですよね

だって面白いから
打ち手の声は伝わっていると感じるし、伝えられると思うから

接客なんか必要最低限でいい
無愛想じゃなくて、なんかエラそうなの引いたら
一緒に「おぉ!」ってなれるくらいのフランクさがあっていい

悔しい思いをする人だっていて、
勝負の場である事は確かなんだから
良く分からないクリーンなイメージなんて自己満足でしょう

打ち手と繋がって行けるホールが
面白いホールというか
これから先、機械だけじゃなく
総合的に打ち手を楽しませる事が出来るホールなんじゃないかなって思います

はい

今日はここまで

せばな( ゜Д゜)y━┛~~

 

 

アナリストM「コラム」

 

 

回胴連コラムの月末担当

アナリストMだ( ゜Д゜)y━┛~~

・・・・書くのが遅いだけです

S氏の影に怯えながら←
今現在コラムを書いております

さて

機械を見る目

コレは当然養わなければならない

コレは必要

コレはいらない

ただ最近はそれ以前の話になってきているという事を述べたい

人の価値観なんてのは
それこそ人の数だけある訳で
コレを読んでいる人の主観が俺と一致する訳が無いのである

共感とは考え方がイコールで繋がるという訳では無く、
他者の出力した物を主観というフィルターを通して
自身に入力し、高い水準で納得出来、”おおむね”合っている、その通りだ!
そう思える事だと俺は思っている

それこそ、ボーナス確率が1/1の機械入れたって、
「は?お前スロット舐めてるだろ?出ればいいと思ってるべ?」
という声は上がるのである
何故なら俺が間違い無くソレを言うだろうからして

まぁそんな話は良い

「なんでこんなの買ったんだよ!」

どんな目利きの責任者でも、この言葉とは付き合って行く事になる
超!名機でしょ!
と言われる様な機械であったとしても、
ソレはソレ、必ずしも全員に当てはまる訳では無い

だからこそこの言葉が上がるのは良しとしている
全員が正解を出す機械なんて物が出来たら
機種やスペックの多様性などは保てる物ではない

問題があるとしたら、この
「なんで買ったのか」
に明確に答えられなければいけない

俺は結構アマノジャクなので
新台でメーカーが推す部分という物をスルーして
他に面白い所がねぇかな?
と、探す事が多い

営業が来て、ココが熱いポイントです
なんて言われると、
まずソコを叩き潰す事を脳内で考えている←
「本当に面白いんですかねぇ?ソレ。」
ココから入るのである

何故かと言われれば、前述の通り
どんなに良いとされる機械でも、人によっては・・・
本当に良い機械なのであれば、手広く打って貰うためにも
最大の武器以外の部分を探すべきだと思うからである

しかしだよ

しかしね?

最近はまず、この「最大の推しポイント」から
探さねばならないという物ばかりである

いや、無論ある

メーカーが言う部分はある

でもソレが「映像クオリティ」とかいわれてもね?と

「この役物が!」とか言われてもね?

音や光、役物や映像ってのはどこまで行っても
あくまでスパイスであって、
根本的にはスペックが物をいう訳でね

ランプが光るだけ!というジャグラーでも
あのシンプルスペックの絶妙な調整で
広く親しまれている

だが、どんなに映像が良くとも、
スペックが追従しない物は当然淘汰されている
“どんな版権であったとしてもだ”

養っている「見る目」
その「見る部分」という物と、
最近の機械の「見せる部分」という物が乖離してきている様に感じる

俺達の言う「見る部分」と言えば、やっぱりスペック重視
打つ側が、打つに足る面白味があるかないか
ドレくらいの稼動が想定できるか
新台の値段を払うに足る何かがあるか

それはスロットに置いては演出面の重視ではないんだよなぁと

出来ない事をしてくださいという訳では無く

出来る範疇での面白いスペックを求めている

先に述べている
「何故コレを買ったんだ!?」
という質問に自信をもって即答できる物を求めている
そしてソレは派手な役物や映像クオリティとやらではない
無駄に3D化した漫画版権やアニメ版権ではないのである

出来る範疇での面白いスペック

コレは難しい事は良く分かっている

だが、簡単にシミュレート出きる様なスペックは
はたしてどれ程市場で活躍できるだろうか?

今年買った新台の中で
俺が今の所最高に良かった!と思えるのは
「トータルイクリプス」である
俺が好きだからではない

出きる範疇で、出きるだけの事をする!
という意思が見えるからである

新基準機でもコレだけヤレるんだな!
という可能性を見せてくれた機械でもある

俺が
「面白いぞ!コレは!」
と言える何かが明確に見える

変な話、このスペックで
オリジナル版権モノとかでも
買っていたかもしれない

スペックとして、尖るという点で
出来うる限りの事をしていると感ずる
今は規制内容と、打ち手のニーズを鑑みても
どこまでもバランスよく!という物は非常に作りづらい環境だと思う
どこかが突出して始めて目を向けられる
その台を愛する打ち手が出てくる
もしかしたら、今はあえてでもバランスを崩すべきなのかもしれない
変にバランスを維持しようとして、
現行スペックの内側も内側で勝負をしようとすると
そりゃあ必然演出面しか凝れないだろう
俺はスロットはバランスが命と何度も言ってきた
だが、今はソレが全てにはなりがたい環境であると言っている

俺の仕事は究極的に言えば
「いやいやなんでこんなの買ったの!?」
と言っている打ち手に
「ごめん!面白かったわ!w」
と言わせて見せる事である

だからこそ、そういわせる為の武器を一つでも多く見つけたい
どうかメーカー各位には
的外れな部分への予算を削り、
少しでも多くスペック面に費やして頂きたい
手で捻る様な役物も
手でぶっ叩く様な役物も
何が何でもレインボーなフラッシュも
両手で押し込むチャンスボタンも
その全てをオミットしていただいてかまわない

最大の売りは何ですか?と問えば
スペック面のココですね!
成る程!ソレは叩き潰すのが難しそうだ
そう思える物であって欲しい

最大の売りが
「版権です」
「役物です」
「映像クオリティです」
こんな物は売りではない
あくまでオプションである

車をクラクションの音で選ぶヤツはそういないでしょう
エンジン音ならどうか?
いるかもね
でもさソレが完全に軽トラだったら?
凄いカッコ良いエンジン音の軽トラって
みんながみんな好きになりますか?
でも軽トラでしょう?と言われたらひっくり返す言葉などみつからん

バランスを重視するあまり小さくまとまって
勝負のポイントがずれるなら
バランスは欠いてしまってもいい
「徹底」と「自信」
この二つが見える機械を俺は見たい
そして、打ちたいのである

出来ない人間には何も言わない
今まで俺が胸躍る機械をいくつも作ってきた
メーカー各位ならば必ず出きるハズである

賛同して頂ける打ち手の方がいるならば
是非ともお声を聞かせて頂きたいものである

今回はここまで

せばな( ゜Д゜)y━┛~~

 

 

アナリストM「裏技:ホールに対する武器の活用」

 

 

今日はちょっとした裏技の話

アナリストMだ( ゜Д゜)y━┛~~

今から話す事は全部が全部という訳では無いだろう
しかし、中小規模の店舗には非常に力を持つ行為だと
ここに但し書きとして先に記載させて頂く

今ドコのホールもというか
むしろ数多くあるパチンコ系のコンサルタントが声高に言っているのが
「ブログの重要性」である
世間一般から見た、SNS系ツールとしては
正直時代遅れな感はある

しかし、どうも我が業界はこの手のツールが一歩後退気味であり
今でも「メール会員」なんてものを熱心に募っているのは
パチンコ業界くらいなものだろう

しかし、ブログにしてもメールにしても
こだわり続ける理由には、今まで連綿と利用してきた
打ち手へのアプローチとしての浸透力がある

ツールとして確固たる力があるのである

さて、そんな事はここではどうでもいい
その「ブログ」であるが
コレを打ち手には有効活用していただきたいのである

「は?いや、チェックしてるし毎日」

「必要な情報は吸い取ってますけど?」

という声が聞こえる
さもありなん
だがしかしココで言う
「活用」とは情報の吸い上げの事では無い

「情報をホールに発信して欲しいのである」

?といった所だと思うが、ブログを書け!という訳ではない
言ってしまえば簡単

「店舗のブログにコメントをする」という行為である

恐らく打ち手が思う数百倍は
パチンコ店はブログ上のコメントに重きを置いている

コメントが欲しい!と願い
毎日記事を書き続けても
1年2年経ってもコメントが無いという店舗もある

そうやって困っているお店があるからコメントをください
なんていう下らない話でも無い
コメントがいらないと思っているならともかく、
欲しいと思って書いていて、長期間無いのであれば、
ブログ担当者の努力不足か方向をミスっているだけである

今自店の情報発信として「ブログ」を最上位につけている店舗は非常に多い
更に、ソコでのコメントを打ち手の思う何倍も重視している

という事は

「打ち手にとってコメントは武器である」

という事が言いたい
無視が出来ない非常に強力な武器と言っても良い
皆のマイホではブログをやっているだろうか?
恐らくやっていない店舗って少ないんじゃなかろうか

ウチは、ありがたい事にコメントは結構頂いている方だと思う
リクエストが来る事もあるし、
その機種にかける想いを伝えてくれる打ち手もいる
実際に足を運んで、こんなだった!と伝えてくれる打ち手も然り
内容は多種多様である
例えばあなたが行っているマイホのブログ
その日の記事内容はどうだっていい
自分がその日稼動したとして、その台の台番号を覚えて置く

そしてコメントにこう残すのである
「今日は○時から○○○番台の○○○で遊びました!
正直中身は・・・アレだったけどw
○○○(機種名)はかなり好きな機種で
他所では微妙だけど、○○○(店名)さんトコは
大事に使ってくれると期待してます!
また週末に寄らせてもらいます!」

普段コメントが少ないホールであれば尚の事効果はテキメンで
少なくともスロット担当は夜に考え込む事になるだろう
「さて週末どうしようか・・・」と

好きな機種がメイン系のドコのホールも推している様な機械であれば別だが
ニーズの少ない機械であれば、放って置いても使われ方はいかがであろう?

自分が打ちたい機種をマイホに大事にしてほしい
その為の武器が「コメント」なのである

おいおい・・・ソコまでぶっちゃけますか?
と思うかもしれんが、ホール側も何を必要とされるのかが
とにかく知りたいのである
だからこそコメントを大事にする
その内容を、である

しかもニーズの低い機種なら尚の事、強く使うための根拠を
理論的に示さねばならないのがスロット担当者
コメントの数はその根拠足りうるのだ

スロット担当者の手に渡されている予算には枠がある
じゃあその枠をどの様に使うかは、日々の稼動や
「打ち手からの声」で決める部分が大きい
この例の様なコメントを残し、その週末実際に稼動し、
中身が「あった」のであれば、
「楽しめました!」
この一言だけでも担当者は報われるだろう
俺は兼ねてから言っている事だが
「店の前に人がある」
コメントを受けるヤツも人間である
突き放す様な言葉を貰えば傷つきもするし、
ならばいっそ!と思う人間もいるかもしれない
その分ポジティブな言葉はスっと入りこんで、
いつまでも頭に残るのである

週末にしっかりと見せられたのであれば、平日に繋げる材料にもなる
スロット担当者にとっても利の無い話ではない
その日の稼動状況を「見ている打ち手」がいるのだから

「コメントを活用して、スロット担当者に注目させ、
無碍な扱いをさせない」

コレはハッキリと武器ではなかろうか

自店では1台だけジャグラーコーナーにパルサーを置いている
稼動は良いとは言いがたい
だが、撤去の話は一度も出ない
何故かと言われれば、ソレしか打たない人が一人いるからである
高齢の打ち手で、完全に趣味打ちである
高齢な方だから、ブログは見てもいないだろう
しかし、定期的にスタッフに手紙をくれるのだ
そこにはパルサーに対する熱い想いがつづられている

あぁ好きなんだなぁと、一発で伝わる文面
「“ウチのパルサーしか”打たない」のである
一体どうして無碍に扱えるだろうか?
俺にはそんな事は出来ない
おそらくここからもあまり動かないだろう
でも、外さないのである
いや、限界はあるけどね
許される限りは外すという選択肢は無い

コメントにはそうさせるだけの力がある

活用しない手は無いんじゃないかなぁ

とは言えスロット担当者に限界はあるのも又事実
ソコは打ち手が判断をしなければならない

リクエストなんかは結構有効である
「俺一人が言ったところで・・・」
という事は考えなくていい
事実俺は一人のリクエストでも入れた事がある
(安価で買えれば・・・というのはあるが)
リクエストしてください!
なんて言ったところで一通も来ないなんてのはザラである
だからこそ効果は高い
その一票は非常に重い一票なのである

ブログは情報を吸い取る為だけの場所では無い
ホールに考えさせる場でもあるのだ

試しに今日早速ダメ元でコメントしてみると
面白い反応が見られるかもしれない

今回はここまで
せばな( ゜Д゜)y━┛~~

 

 

アナリストM「抱き合わせ」

 

 

今回は抱き合わせの話

アナリストMだ( ゜Д゜)y━┛~~

「新台」
今も毎週の様に現れる新台
メーカーとして気合の入っているものから
あきらかに予算少ないなコレというものまで様々である

1台あたり約40万円程度
最近では45万円ほどにまで値は上がっているのが殆どで
新台製造台数は減っている上、
需要も下がっているが、単価は上がるという
物流としては訳の分からない状態になっている

製造台数が減っても製造ラインは作らねばならない訳で
かかる費用という物があるのであろう
利益確保という点との兼ね合いでもあろう

理解は出来る
メーカーも商売である
利益が出なければ運営は不可能なのだ
が、納得は出来ない
「購入機種を選ぶという行為に制限がかかるため」
理解は出来ても納得が出来ないのである

良く打ち手から聞かれる事の一つに
なんでこんなに新台が出るペースが早いのか
という物がある

コレは過去には、そういう需要が打ち手とホールにあり
メーカーも利害の一致を見たからに他ならない
とは言え、そんな物は過ぎた過去であって
今は新台数を求めているのは大手ですら怪しい
正直な話、ここまで作って欲しくないという気持ちが強いが
にも係わらず、新台機種量がそこまで減っていないのは、
それ以外の利権なりなんなりが絡み付いているのだろう
製造台数は減っても、機種数は減らないのである

売れる機種もあれば、売れない機種も当然ある
規制の煽りで潰れたメーカー、撤退したメーカーもあるのは確かである
どういう所が生き残っているのかと言えば
売れる機種・版権を持っているメーカーがやはり強い
問題は「売り方」である

強いメーカーであっても、
売れるもの、売れないものは保有している
何が強いかと言えば、
「売れないものを売る力が強い」のである

抱き合わせなんてのは最早打ち手にも知れ渡っている事実であるが
規制から機械が売れなくなり、
今まではそんな事しなかったメーカーまで
抱き合わせをせざるを得ない所まで来ている

「コレが導入週トップで買いたいのであれば、
コレを買ってください。
買えないのであれば、早くても導入から3週目
最悪ゼロ回答まであります。」

俺は今まで何度この言葉を聴いてきたか分からない

ここまで直接的には言わな・・・
言ってきた所もあるが←
概ねこの内容を非常にやんわりと
コチラに伝えてくるのである

一度非常に腹立たしい売り方をされた事があり
その内容を動画にして出した所、
翌日の朝に抗議の電話があり、削除したなんて事もあった
ちなみにその動画はweb上にあがった時間は数時間程度
だが、またたく間にリンクが貼られ、数千程度の閲覧があった
俺は俺で、非常に重要な機種であった為、
グループに販売してもらえなくなったらどうするんだと
強く叱責を受けた事を覚えている
それでも広く伝えられたのであれば俺としては○である

こと、新台に関しては
メーカー>ホール
この図式は現状も変わらない

とは言え、俺はかなり買わない方である
一番の理由は無理をしたくないという点
二番目の理由はトップにこだわる必要性が無い機械が殆どである点
三番目の理由はムカツクからである←

営業「トップなら・・・」

俺 「いや、トップは別にこだわらないよ。」

営業「しかし、他社様の導入タイミングも考えますと、」

俺 「二週目の方がキツイと。」

営業「恐らくは。」

俺 「二週目程度でキツくなる機械なの?」

営業「導入週の稼動貢献度は無視できないかと思われます。」

俺 「目先はどうでもいいよ。トップで必要ならアレ(他機種)も買えでしょ?
それって総体だとこの金額でしょう。
推定する稼動の落ち込みってここまで大きくないよ。」

営業「現行でも案件はパンクしている状態で、最悪の場合ゼロという事も。」

俺 「うーん・・・」

営業「アレ(他機種)さえ御考慮いただければ、確保の上申もしやすいです。」

俺 「分かった。最悪ゼロでもいいよ。」

営業「」

こんな感じで買えなかった機械もまぁある訳だが
後悔したのは片手にも満たない

ここで言う後悔とは、中古相場が以上な高まりを見せたものだけである
付き合いの長い販社なんかだと、機械を見せて俺の顔を見ただけで
「それでは別の話をしましょう」
なんて諦める販社もある

今我々ホールがしなければいけないというか
やっちゃいけないことの一つが「無理をする」事だろうと考える
以前であれば、見栄を張ってでも無理をしなければ落ち目だと思われてしまう!
という固定観念の様な物があった
業界全体がそうだから余計である
打つ側からしてもそう見えてしまう

だが、今の業界では全体的に不買行動に流れており
尚且つ、
打つ側からしても、新台の大量購入が良いイメージにつながりにくい地場になっている
「身の丈にあってない台数じゃね?」なんて事を言われてしまうのである

あらかじめ予定し、組み立てた以上の予算を使えば
必然として打ち手にそのシワ寄せはいく
物流と同じ
野菜が不作なら値が上がる
それだけ仕入れ単価があがるからという訳である

土壌として業界では設定を使っていく流れになりつつある
平日・休日の別なく、可能な限り使っていきたいと考える
ソコの予算を確保する為にも無理は出来ない
機械単価があがるなら、尚の事
余計な物を買っている時ではないのだ

それでも、どんなに選ぼうと思っても
必ず購入せざるを得ないものもある
ソレは中古では後々の購入予定機種がプレミア価格になってしまい
抱き合わせを購入し、目的の機種の案件を確保した方が安くついてしまう物だったり
理由は様々である
前述している
「売れないものを売る力が強いメーカー」
とはここにある

ではそうして購入した抱き合わせを、抱き合わせとして使ったなら?
買って、置くだけならサルにでも出来る訳で
それをしないのが俺達の仕事でしょうと俺は思う
戦法は様々だが、俺の場合は
「面白い所をみつける」という方法

作成予算がどうあれど
人が頭をひねって作り上げたものである
必ずドコかに面白いと思える物があるはず
更に言えば、必ずソレを面白いと感じる人がいるはずなのだ
それはどんな台であっても

あくまで主観的な価値観に基づく考え方であって
正解なのかと言われれば、さぁどうであろう
抱き合わせは抱き合わせとして、
機械代だけでも埋められる様に絞める
という選択もあるだろう
おそらく俺の取る方式の方が面倒くさいし、
時間も手間もかかる
しかしどうしても
「買ったからには!」と思うのである

ホールにある以上、等しく使うべき機械だと考える
試し打ちは勿論、ありとあらゆる試打感想を読み
演出を見て、各種数字とにらめっこして
とにかく探す
面白い瞬間・熱くなれる瞬間
自分自身が打ち手だから出来る戦法である

抱き合わせを抱き合わせとして打ちたい人など一人もいない
皆楽しみたいから座るのである
努力が実って意外な稼動を見せる抱き合わせだってある

俺がこのコラムの場を借りて、打ち手の皆に伝えたい事があるとすれば
購入理由を考慮して欲しいなんて事は言わない
そんなものはコッチの都合であって、
打ち手は一切考慮する必要など無い。
「なんでこんなもん買うねん!」
という声は当然の如く言う権利が打ち手にある
ソコとは別に一つだけ御願いしたい

明らかにコレは抱き合わせでしょう
という機械があったとする
遊ぶ遊ばないは別として、
「その機械をどう使っているのか?」
を見てやって欲しいのである
ソコに結構ホールごとの考え方の差が出る
その結果をどう受け取るかはソレもまた自由
そのホールを判断する材料に充分なり得る
打ち手として得る物も大きく、利のある話だと俺は思う

これからも、規制が強くなり、今以上に機械が売れなくなれば
より一層抱き合わせは強くなるのであろう
矛盾している様でもあるが、現状がそうである

俺達に出来る事は、出来うる限り抗う事と
打ち手にシワ寄せが行く無理をしない事
そして、その上でも買わざるを得ない機械を
「抱き合わせにされてしまった機械」を
どうやって最大限の力を発揮させてやるかって事

出来る事が限られているなら
出来る中で最大限に

抱き合わせの機械を見せられるたびに想う事である

今回はここまで

せばな( ゜Д゜)y━┛~~

 

 

アナリストM「打ち手の甘いとホールの甘い」

 

 

という訳で、今日は温度差の話

アナリストMだ( ゜Д゜)y━┛~~

現在中古機導入の進む我がホールにおいては
過去に様々な理由から導入を避けてきた機械も
多種多様に使っている

そんな中から見えてきた事を話していきたい

別段珍しい話では無いのだが、
打ち手の機械に対して感じる甘いと、ホールの感じる甘いという物は
反比例する事が多い

そも、
現行稼動している5号機であるが
コイツらという物は基本的に「甘く」出来ているのである

バッシングを覚悟で言おう
「5号機はなべて甘い」のである

えぇ・・・全然そんな事ねぇよ・・・
2000枚出すのにどんだけ苦労するよ・・・
コレは俺でも思う事である
最近あまり稼動出来ていない俺が思うくらいなのだから、
打ち手のほぼ総意に近いレベルだろう

打ち手の五号機に対する評価は
「吸い込みは四号機と変わらない」
という評価が多いのではなかろうか

しかしホール側からすると四号機の頃に比べると
スロットの生み出す営業利益というのは雲泥の差があるのである

業界人の誰に聞いても
「いや・・・スロットは本当に営業利益確保出来てないです・・・」
コレはもう当然と言っても良い程である

この温度差はドコから来るのであろうか

理由としては様々である

・通常コインベース(1K辺りの回転率)の上昇
・AT機・ART機の機械割の不安定さ
・打ち手の立ち回りの変化
・規定G数系機種の増加

この辺が理由としては大きいかもしれない

当然だが、機械割というのは通常時の子役を含むモノである
「設定1で機械割98%(ボーナスが良くくるからとは言って無い)」
というヤツである。ちょっとした仕組みを以下に簡単な例として出す

1Kベースが高ければ、必然機械割は上昇する
上昇した分の調整は各種ボーナスが補う

初当り確率の低下、あるいは払い出し枚数の低下

打ち手「おいおい・・・あんだけ回してやっと来たボナで150枚かよ・・・
やってらんね、ゾーンだけ打ってヤメだわ」

粘ってもらえない事による1台辺りの売り上げの低下

閉店時の機械割を確認すると、
たいした大当り回数もついていないのに機械割が100%越え

打ち手「当たっても全然ふえねぇ!通常時ダルい!微妙に負けてる!」

ホール「一人一人は負けてる人もいるかもだが、この台の稼動全体で見ると赤・・・
甘いからどう使ったものやら・・・」
こんな事が日々連鎖しているのだから、
そりゃ温度差も出る訳である

メーカーは規制後の出玉性能の確保の為にAT機やART機といった
スペックを生み出した
このスペックが受け、相次ぐ新台のAT化が行われる
だがAT機というのは非常に扱いずらく、確保すべき利益を確保出来ない
店舗が急激に増えていった
入れたくても入れる事が出来ないなんて店舗は山とあったのである

ホールの低設定化が進み、イベントの規制が伴う事で、
出したいけど呼べない!というホールが増える
無論打ち手の足は遠のく
より、設定が入れずらい状況になる
メーカーは設定が入らないものだから、低設定の性能が高い機械を作る
ホールは余計に入れられなくなる
思えばAT機全盛の時期は一番危機的状況だったと思う
今はAT機が作れない環境となったが、
そこまで悪い事では無いと今俺は思っている
設定を使いやすい土壌になっているのは間違い無いのだから

この間俺のブログで
「出玉に対する規制はかかりますけど、吸い込みに対する規制はかからないですよね」
というコメントを貰った

コレも要は温度差の話である
規制では確かに、表に出る情報では
ヤレ○○○枚規制だとか
純増が○○枚まで!とか
そういった派手な部分しか出ない

しかし、規制の内にはしっかりと、吸い込みに対する規制も含まれている
「最低限、この枚数でここまでの遊技環境を確保できるようにしなさい」
という規制はしっかりとある
が、機械は確率で動く為、長期的にみれば規制どおりでも、
1日1日の短期スパンで見ると吸い込みの状況が四号機の頃と
さしてかわっていない様に思えるのである

ついこの間釘の問題でその規制の管理についての話が問題になったが
そもそもスロットには釘など無い
誤魔化しは効かず、通らないモノは通らないのである
メーカーの開発に聞くと驚く程のスペック数が検定を通過できていない

ホールも打ち手も感じる甘いねコレという機械の方が少ない様にも思える
俺の知る限りでも今の所共通認識で甘いよねなんて言ってる機械は

・魔法少女まどかマギカ
・モンハン月下雷鳴

この二機種くらいしか思いつかない

この打ち手とホールの温度差はもっと危険視すべきである
確かに環境として温度差は少なくなって行く傾向ではあるが
まだまだ強く存在し、業界全体の足かせになっているのは確かだ

そうだな、最後に
少し意外に思いそうな、使ってみてトータルで甘かったものを
いくつかあげようか

・ペルソナ4
・ゼーガペイン←コレめっちゃ意外って人多そう
・モンキーターン2
・沖ドキトロピカル←コレも多そう

まぁ四機種くらいで勘弁して頂きたい
ふむ、まぁ月間通してだし、内容も様々変えてるが
想定よりも甘かったモノが上記機種である

意外だっただろうか?としたなら、それ程温度差はあるのだという事として
受け止めて頂きたい

せばな( ゜Д゜)y━┛~~

 

 

アナリストM「コラム機種選定の話②【なぜなのか】」

 

 

気付いてみれば三回目になる

無名のスロット責任者が好き勝手書くコラムに
付き合ってくれている皆には感謝しきり

という訳で始めさせて頂く

アナリストMだ( ゜Д゜)y━┛~~

前回は新台について、ツラツラと書かせて頂いた
して、今回こそ「機種選定」の話をさせてもらおうかなと

なんでソレ選んだんや
というのは良く打ち手からも言われる事である

コレを書くに辺り、
今年発表された新機種の自店での導入機種数を
3月半ばの現時点で振り返ってみたのだが、
恐ろしい事に二機種しか無かった

偽とマジハロ、あとはイラネとしてきた訳である

入替数自体も少ないのかと言われれば、
むしろ増えたと言っていい
中古機の導入を積極的に行っている

とまぁココで何で?が付いて回る

まず第一に言われるのが
「新台予算抑えたいんでしょ?」
コレはコレで正解

30%くらい正解である
70%足らないが、ソコは段階的に書かせてもらう

機種選定をする上で、スロットホールが営利目的で運営されている以上
絶対的に付いて回る物がある

ソレが何かと言われれば、「集客効果」である

前回も話した通り
大昔であれば、最新台が一番集客効果が高かった

今となっては数ある規制の連続と、
プロモーションをおろそかにしてきたホールの責任も相まって
新台の集客効果というのは薄い

ここで勘違いしがちというか、
「集客効果」なんてビジネスライクな呼び方をするからホール側も忘れがちだが、

「集客効果とは打ち手の面白そうと感じる対象の総量」
である事をしっかりと認識しなければならない

過去に最新台の集客効果が高かったとしたなら、
それだけ、打ち手の新台に対する
「面白そうだな」という気持ちが高かったのである

ココは今も大昔も不変なのである

機種選定とは集客効果を高める物であるべきであって

つまる所、

「打ち手が面白い!あるいは、面白そうだな!と感じるモノを増やす選定であるべき」
と、俺は考えている

その上で今少なくとも自身に実現可能だと思われる機種構成が中古機であろうと考える

ここまでで、60%正解と言った所

新台予算をおさえました。
打ち手が「お!アレ入れるの!?」と思える台を買いました。

コレだけでは一番重要な物が足り無いと俺は考える

それが何かと言われれば、「使う人間の想い」である

どう使って行きたいのか
どう打ち手に楽しんで貰いたいのか

綺麗事でなく、どんな世にある商品でも
最早商品の良さだけでは物など売れないのである

ダイソンの掃除機って何が凄いの?と聞いたなら

恐らく9割以上の人が吸引力と答えるだろう
逆に吸引力が凄い掃除機って?と聞けばダイソンじゃね?と答える
もしかしたらそれ以上の吸引力の物が他にあるかもしれないが

じゃあなんでダイソンはそんなにイメージ強いの?
と言われれば、ダイソン社は絶対的な自信をもって、
「世界に一つだけの吸引力の変わらない掃除機なんや!」
という想いを全面的に打ち出したからである
良い物に想いが乗るから、初めて出来るCMであろう
買う側も、あぁ自信があるのだなと感じる

ダイソンから離れる

何が言いたいかと言えば

使う人間の想いが見える機種構成・機種選定であるべきだと
俺は考えるのである

打ち手は常に「なぜ」を持っている

俺は機種選定とか、ホールの機種構成というのは、
打ち手との対話と考えている

ホール「新台予算抑えるわ」

打ち手「なぜ抑えたの?」

ホール「うん、他に使いたいってのもあるし、
でも入替しないってんじゃないよ!
中古機の○○○買ったわ!」

打ち手「なぜソレを買ったの?」

ホール「新台よりも正直面白いと思う!
予算抑えた分中身でも勝負出来るし、
何よりウチに○○○あるっしょ?
アレ好きな打ち手にも良いと思うんだよ!」

打ち手「なぜソレが面白いと言えるの?」

ホール「コイツにはコレコレこういう所があって、
ソコを是非楽しんで貰いたいと俺は想ってる!
むしろ楽しませてみせる!
その上で先に言った○○○って台と一緒に、
こんな風に盛り上げたいんだよ!」

とある勉強会で聞いた話によると
打ち手は一度ホールに訪れると、平均2.5機種打つと聞いた

で、あれば
その2.5機種を最大限面白くする機種選定であるべきだと考える
最新台を買いました⇒なぜ?
コレに即答出来て、最低限の打ち手に対する礼儀という物があると思う

やれコイン単価がコレで、最大MYがコレ
演出もまぁ妥当、業界板でも評価悪く無かったから
↑こんなのは導入理由とは言わない
でもこんな機種選定の仕方をしているホールは残念ながら存在する
コレは想いなどかけらも無いだろう

とにかく新台攻勢!いや、別に良いんだろう
ただ、ソコに想いがあるならの話

抱き合わせを買う事もあるだろう
購入理由がどうあれど、ソレを使って
どう楽しませられるのかを導入前に明確に定めるべきである

機種選定という上で、新台購入という上で
全てにおいて、明確に打ち手を楽しませる何かがある
それを進めるヴィジョンがある

ホールは勘違いしてはいけない
機種選定は自店の為にする事ではない

徹頭徹尾、集客効果がうんぬんという話をするのであれば尚更、
機種構成は打ち手が楽しむ為にあるべきだというのが俺の考え方である

自身がこうやって打ち手を楽しませたいという想いの見える
入替・機種構成・企画をするべきだ

俺達ホールの人間は
打ち手に負けてもらって初めて、飯が食えている

負けても面白かった!と言ってくれる打ち手がいる
そんな声を一つでも多くする努力を全力でするのが、
自店で勝負をする相手への、飯を食わせてもらっている相手への礼儀ではなかろうか

今コレを読んでいる皆が面白そう!と思う機種は何だろうか
事、ココに至っては千差万別、一つだけの答えなど無い
馬鹿程頭を悩ませて、なんならたった1台買うのに夢に見るくらい悩んで、
楽しんで貰えているか
自身の選定が受け入れてもらえているかどうかハラハラしながら見守る

人を楽しませるってコレでもまだ足り無いくらいなんだろう
機械を選ぶ度に想う事である

ホールは忘れてはいけない
打ち手は勝負しに来ているだけではない
「楽しみ」に来ているのだという事を

だって、俺がそうなのだから

今回はここまで
長文失礼

せばな( ゜Д゜)y━┛~~

 

 

アナリストM「機種選定の話①【新台効果】」

 

 

さて、スパンとしては短い方なのかどうか

二回目のコラムになる訳である

 

アナリストMだ( ゜Д゜)y━┛~~

 

こういう場がいただけるのは素直にありがたい

 

ブログでは色々と制約も多いので←

 

読んで頂いた方々からは感想も頂いた

 

少しは読み物として価値を見出せる物が書けたのかなと

 

して、この第二回においては

 

「機種選定」というヤツについて書かせて貰おうと思う

 

店舗の個性の現れる部分でもあり

 

無個性の現れる部分でもある

 

と思ったのだが、

その前にどうしても話しておかねばならない事がある

 

この話をまずさせてもらってからで無いと

機種選定の話が出来ない

 

という訳で、今回と次回の二部構成にて

(三部にならないように努力します)

機種選定の話とさせて頂く

 

ではどうしても話ておかねばならない事とは何か

 

新台の話である

 

「新台効果が薄れている」

 

コレは厳然たる事実である

 

一昔では済まない、二昔前であれば

「新台入替」というのぼりがはためいてさえいれば、

多くの打ち手がこぞって並ぶ様な状況

 

ドコの店舗もとにかく新台

 

営業戦略もクソも無い

 

とにかく新台を大量に入れる

 

それだけで十分

 

それだけが正義

 

そんな状態なものだから

 

ドコの店舗に置いてある機械も一緒

 

ホールの大小の差はあれど、

コピー店舗が跋扈する市場だったのである

 

そりゃあ、そんだけ新台様々になれば

現在の抱き合わせを始めとする様な

メーカーの営業方法の下地も出来てしまうのは

いたし方ないのかもしれない

 

さて、現代に話を戻す

 

最早そんな遥か彼方の過去の状況は見る影も無い

 

市場規模が違う

 

遊戯人口が違う

 

機械スペックが違う

 

「新台がとにかく弱いんだよ!」

 

コレが多くのホールの叫び声であろうか

 

はい

 

ココでうなずいた覗き見ている業界人の方

 

一つ答えて頂きたい

 

では、

 

「新台の何が弱いのか?」

 

実はコレに気付いている店舗はまだまだ少ない

 

とにかくスペックが悪い!

と勘違いしている店舗がまだまだ多いのである

 

出玉性能は確かに、

4号機の頃と比べれば、落ちたと言わざるを得ない

 

遊戯人口も減った

 

市場規模も縮小した

 

だがソレ等は原因ではなく

 

あくまで、新台の弱い部分

 

・・・厳密に言えば答えは新台のせいではないのであるが、

 

その答えによって導き出される

副産物でしかない

 

もったいぶる気は無い

いいかげん答えを言わせて頂くと

 

新台の「プロモーション力」が弱まったのである

 

あまりにもこのパチンコ業界というのは

 

「プロモーション」というものを

ないがしろにしすぎた

 

新台が最初から持っている

集客能力に頼りすぎていたのである

 

機械が勝手にプロモーションしていたと言っていい

 

今時、

 

「新しいの出たよ」

 

と言った程度で売れる商品がどれ程あるだろうか

 

チラっとは見るだろう

 

で、

 

「へぇ。」

 

で終わる

 

そりゃそうだよ

 

今世の商品はまずこの「新しいの出たよ」という一言を聞いてもらうために

前段階の努力がある

 

プロモーションのためのプロモーション

 

コレがあって当たり前なのである

 

一風変わったCMであったり

 

わざと悪い事を言ってみたり

 

人気のアーティストを使ってみたり

 

更にそうしてなんとか、

新しいものが出た事を知ってもらった上で

 

商品その物の説明を分かり易く、尚且つ

「面白く」訴えるのである

製菓会社のCMや、携帯キャリアのCMなんかは

こういったプロモーション力が非常に高い

 

我々よりもずっと以前から

「プロモーション」という戦場で戦っていた訳なのだから

当然と言えば当然

 

我々の業界はと言えば

 

今の状態を簡単に説明すると

 

「え?新台入ったじゃなくて、こんな新台で、こういうトコ面白いって言わなきゃ駄目なんじゃね?つかさ、どんな新台でも動くって訳じゃ無いんじゃね?」

 

という、

今やっとこさ気付きました、という状態。

 

信じられない事だが

 

いまだに新台を大量に入れれば

世は事も無し、と思っている店舗は数多ある

 

王道営業などと呼ばれる手法とも呼べない手法だが

 

名前負けもはなはだしい

 

今一番やってはいけない営業方法と言っていいのではなかろうか

資本力のクソ高い店舗は別かもしれないがね

 

新台ってそんなにつまらない物だらけだろうか?

 

今高稼働を誇る

 

マジハロ5

 

偽物語といった機械

 

これらはA+ARTではあるものの

 

ARTの純増枚数は従来機械に比べると少ない

 

が、その分をスペックの他の部分に割り振っている

 

演出には楽しませるという事を最大念頭に置いた措置が見られる

 

確かに駄目だとレッテルを貼られる新台もある事は認める

 

だが、

 

ウチの機種選定は間違ってない

新台これだけ入れてるのに

集客効果が望めないのは全部メーカーのせいだ

 

等と言っている様な業界人はいかがな物かと言わざるを得ない

 

というより、まだそんな事いってんのかお前、と思う

 

この部分

 

新台効果という部分に関しては、遥かに打ち手の方が敏感である

 

店舗がまったくと言って良いほど

プロモーションを行ってこなかった業界である

 

打ち手が自分で調べ、自分で評価する能力というものが

成熟している業界なのである

 

何も考えず

 

新台を入れる

 

コレは機種選定と言えるのだろうか

 

打ち手はそんなもの、すぐに見透かしてしまう

 

当然の如く通路と化し

 

はたしてそのコストはかけるべきコストだったのか?

そのコストは俺達が背負うんだぞ?

 

とまで、打ち手は考える

 

新台を買うなという話では無い

 

新台は良い物は買うべきである

 

が、扱いきれないなら買うべきではない

 

今はとにかくコストをかける!という時代ではない

 

とにかく導入前のコストを減らし、

浮いたコストをホールに落としこむべきだ

 

今の新台のスペックはこう訴えている

 

「ホラ、僕たちなら、色んな設定使えるはずだよ!

僕たちはしゃべれない。だから僕たちを上手に使って欲しい!

面白いんだと訴えて欲しい!」

 

台は、

 

生き物である

 

可愛がれば、相応のものが手に入るだろう

 

野ざらしにすれば、相応の報いを得るだろう

 

「新台が弱い」という考え方からは早々に脱却し

 

自身のプロモーション力、使い方

 

コレを見直すべきなのだと俺は思う

 

中古機の活用というのは今に至っては必要不可欠なもの

 

しかしホールを見渡しても中古機まみれでは、

ただの古いホールに成り下がる

 

輝く新台もある

 

上手に扱えている

 

その上で旧台がある

 

新台と同じくらい力が入っている

 

そういう店舗が、これからは生き残っていくんだろう

 

だってそんなホール普通に面白いよ

そういうトコでやっぱり打ちたいし

 

だからこそ俺はそんなホールを目指している

まぁまだまだなんで、コラムでは大分、

棚上げさせてもらって書かせてもらうとする

 

はい

 

といった所で今回はここまで

 

次回は今回の話を踏まえた上で

 

新台旧台合わせた機種選定の話をさせて頂きたい

 

長文ですまんね

 

熱くなっちゃったよ

 

せばな( ゜Д゜)y━┛~~

 

 

 

アナリストM「覚悟」

 

 

初めましての方は初めまして

既知の方はお手柔らかに

 

アナリストMだ( ゜Д゜)y━┛~~

 

コラムを書かせて頂くにあたり、様々な方から

「アナリストMとしては止めた方がいいんじゃ?」

等アドバイスを頂いた。

 

御心配痛み入る限り、

でもアナリストMとして、でないと

店舗やってる人間としてどう考えているのか、

という部分が出てこないかなと

 

なのでこのままで逝くので本当、お手柔らかにね?

 

はい

 

さて、現在の業界全体の状況とすれば

非常に苦しい局面に立たされている事は確かである

 

業界人の中でも右派と左派かな?ってくらい

極端に意見が分かれている部分もある

 

ともあれ俺は俺の分かる範囲で今は書かせて頂く

 

あ、

 

この俺の書き方っつーか話し方が気に障る方

キャラ設定なので悪しからず←

実際に会うと印象が180度変わる人として有名なんでね←

 

話を戻す

 

打ち手が一番知りたい事ってなんだろう

 

と考えると、まぁどう考えて日々運営してるねん

という所に尽きるだろう

 

もっと極端に言えば、設定6どんだけ置いてるねん

 

であろう

 

スロット打つなら誰もが追いかけるのがソコでしょう

 

設定6打ちたいよと

 

信じる信じないはアナタ次第、というどっかで聞いた言葉を使うが

 

設定6入れたいなんてドコの店舗でも思ってる事でね

 

特に稼動が少ない中小店舗程

設定を使わねばいけないという気持ちが実は強いと思う

 

かといって使い方を誤るとエラい目に合う

 

ココで言うエラい目とは

 

「出なかった」では無く

 

「まぁどうせ1の誤爆でしょ」コレである

 

5号機になって久しい作今だが

 

5号機という言葉と共に多く普及された言葉として

 

「1の誤爆」という言葉が付いて回る

 

そもそもの事を言えば

 

1の誤爆なんてのはずっと前からある事

5号機以前から大量にある話であって

一般的に認知レベルが上がったのが5号機以降であるという話

 

出ても素直に「ある」と思えない環境

 

じゃあこの環境にあてはまる条件はと言えば

 

1:稼動が全体的に少ない

2:プロモーションが弱い

3:中小店舗で、グループ力が低い

 

ここまで何も打つ時具体的に考えてる訳じゃないから

もっと簡単に言えば、「ホール全体としての印象」

 

コレである

 

ホールの予算なんてのは

何も日々の営業からだけ捻出される訳では無い

 

機械の売却益

 

新台予算含む、年始に上げている予算を下回った分の差額

 

厳密に上げればいくらでもある

 

が、

 

無論営業利益は日々の稼動からでしょうという

大正解な前提の下に、

 

「日々の稼動が弱ければ、使っているとは思えない」

 

とこうなる

 

言われたからといって、声高らかに

いやいや、んな事ないよ

 

と言ったところで店舗公式アカが言っているのであれば

信じる人はどれ程であろう

 

ココではコラムなので俺は好き勝手書かせてもらっているだけである

なので、信じる信じないはアナタ次第とさせてもらった上である

 

確かに営業上の上下はある

当然である

 

が、既に予定されている予算なのであれば、前日にド赤打とうがなんだろうが

ヤルと言ったらやらねばならんのである

 

話を戻す

 

普段が前述する様に稼動が弱い店舗

 

ソコが仮に5を使う

 

打つ側も波にのって出たとしよう

 

しかし打ち手の約70%は

 

「いやぁ助かった!1の誤爆だったわ!」

 

とこうである

 

コレは体験談である

 

回胴連始め

 

打つ側の察知力

 

レベルの高い打ち手というのは

全体で言えば少ない

レベルの高い打ち手であっても

設定判別の正解率はコレも経験からして

数字その物の正解率は40%程と言って良い

上か下かの正解率は60%程だろうか

 

5を打って「1はツライ」

 

2を打って「6めっちゃ楽しい」

 

コレは日常茶飯事である

結構キツい書き方をしている

が、コラム読む程の打ち手が

おためごかしが読みたい訳では無いと信じて続ける

 

これ程に5号機の機械割は信用ならんし

分かり辛いのである

 

店舗の印象が大前提で打ち手が中身を推測するのは

無理からぬ事

機械が分かり辛く出来ているのだから

 

俺だってさびれきったスロ屋が

6あると言われた所で鵜呑みにするのは難しい

 

俺が、「打ち手が感じる物が全て」という由来もココにある

 

中身何使おうが、分かってもらえねばそれは力不足なのである

 

だが一つだけ確実にいえる事がある

 

「どうせ分からない」は一番やってはいけない

 

業界人と話していて非常に腹が立つ事があるとすれば

 

「まぁ分かんないっしょ」

 

である

 

ふざけるな、と思う

 

前述の正解率含め、例の話と矛盾している様に思うだろうか

 

否、まったく矛盾していない

 

あくまで、打ち手がそう思って追いかけれないのは

「力不足」であって

 

「分からせる」事が出来ていないのである

 

ホールの印象であるとか

先入観が先走って、判断を鈍らせるのは

総じてそのホールの力不足

 

自分にも言っている

俺は実際力不足である

 

分かるんだよ、打ってりゃ

 

稼動低かろうが

 

しっかり推してて

 

データなり付いてくれば

 

「あるかもしれない」

 

 

「ある」

 

に変わり

 

「じゃあドレだ」

 

となる

 

「どうせ分からない」とか言ってるヤツは

 

「あるかもしれない」

にすら到達できずにコケてるだけだろうが

 

という話

 

レベルの高い打ち手がある!と断ずる

 

この上下の正解率が60%だったとして

その60%にそんな店舗は殺される訳である

 

1を使う覚悟ってもんがあるだろう

 

6を使う覚悟と同じように

 

1を使うって事は

 

利益取らせてくださいって事

 

6を使うって事は、持って帰ってくださいって事

 

同等に覚悟があってしかるべきで

 

「わからないから、コレでいい」

で、使うものじゃあないんだよハゲが

 

言葉が汚いが

 

染争に並ぶ人がいる

 

「ある」と思うから並ぶ

 

前日からだったり

 

とにかくそう思ってもらっている

 

俺は言う

 

ハズレもある

 

当然ある

 

どっちもある

スロット全台なんて事は無理と早々に言っている

 

でも並ぶ

 

ハズレかもしれない

 

アタリかもしれない

 

狙いはあれど

 

ドッチになるかは分からない

 

コレはかけひきである

 

打ち手とのかけひき

 

ハズレもアタリも覚悟を持って入れる

 

バッシングと感謝の両方がある

 

でもホールってそうあるべきだろうが

 

事実として受けている打ち手からの返答

「○でしょ?中身」

コレの正解率がどうあれど

 

覚悟を持って全設定を使うべきである

 

少なくとも俺はそんな店舗に打ちに行きたい

 

コレだけ設定を使いやすい土壌になっているのである

 

以前のまま、

 

「どうせ分からない」

 

なんて考えてる業界人が一人でも減っている事を願う